コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トチュウ

2件 の用語解説(トチュウの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

トチュウ

キャラクター事業のサンエックスが製作したキャラクターシリーズ次の日ケロリ」のキャラクター。ケロリの友達。金色のオタマジャクシのような生物。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トチュウ
とちゅう / 杜仲
[学]Eucommia ulmoides Oliv.

トチュウ科の落葉高木。中国の南部と西部に自生するが栽培もされている。高さは10メートルに達し、葉は互生し、短い葉柄がある。葉身は長楕円(だえん)形で先は緩くとがり、基部は円形ないし広いくさび形である。雌雄異株で、花は4~5月に、葉と同時かあるいは葉よりもやや早めに咲く。花は花被(かひ)がなく、小枝の基部の包腋(ほうえき)に一つずつつける。雄花は雄しべ8~10個、雌花は雌しべ1個からなる。樹皮、小枝、葉を折ると弾力性のある白い糸を引く。これがグッタペルカgutta-perchaとよばれる成分である。漢方では、樹皮を乾燥したものを杜仲(とちゅう)と称し、強壮、強精、安胎、鎮静剤として、インポテンス、腰膝(ようしつ)無力、流産、高血圧症、腰痛などの治療に用いる。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トチュウの関連キーワードちょろココカメさんSUNさんだっくんネットさんパピィぷりんまるルゥ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トチュウの関連情報