コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トノサマガエル トノサマガエル Rana nigromaculata

3件 の用語解説(トノサマガエルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トノサマガエル
トノサマガエル
Rana nigromaculata

カエル目アカガエル科。体長は大きいもので 8.5cm内外。体色は変異が多いが,緑色地に褐色の斑紋をもつものが多い。眼の後方にはっきりした円形の鼓膜をもつ。後肢の蹼 (みずかき) はよく発達している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トノサマガエル

両生類アカガエル科。体長6〜9cm,日本の代表的な低地性のカエルで,本州,四国,九州,朝鮮半島,中国に分布。関東平野には少なく,この地方でトノサマガエルと呼ばれているものはダルマガエルの場合が多い。
→関連項目ダルマガエル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トノサマガエル
とのさまがえる / 殿様蛙
pond frog
[学]Rana nigromaculata

両生綱無尾目アカガエル科のカエル。本州、四国、九州のほか、朝鮮半島、沿海州、中国大陸に分布する。成熟した雌雄は著しく色彩・斑紋(はんもん)が異なり、雌は白色の地に不規則に連続した大形黒斑をもつのに対し、雄は一様な黄褐色を呈する。背面に淡色の背中線、両側に淡色の背側隆条がある。未成熟個体では緑色がかることが多い。背面には多数の細長い縦隆起があり、腹面は平滑で白色。雄は口角部に1対の鳴嚢(めいのう)を備え、繁殖期には前肢第1指に暗色の婚姻瘤(こんいんりゅう)が発達する。体長6~9センチメートルで雌は大形。低地、山間部の水田に生息し、4~6月に産卵する。卵径1.8ミリメートル、卵数約2000個、卵塊は球状で水底に沈む。東瀬戸内海沿岸から東海地方、信越地方にかけて、近縁のダルマガエル、トウキョウダルマガエルと混生している。これらの地域では繁殖場所、繁殖期、鳴き声などの違いによって両者は隔離されているが、この隔離は不完全で各地に自然雑種が発見されている。関東平野、仙台平野とその周辺にはトウキョウダルマガエルのみ分布し、トノサマガエルはいない。ダルマガエルは小形で体長約5センチメートル。褐色で背中線、縦隆起はなく、大形黒斑が散在する。トウキョウダルマガエルはその亜種で、体長、鳴き声、背面斑などの点でトノサマガエルとダルマガエルの中間的な特徴をもつため、過去の交雑によって生じた雑種起源のカエルとみなされる。[倉本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トノサマガエルの関連キーワードアベコベガエル赤蛙雨蛙鈴蛙土蛙沼蛙達磨蛙山赤蛙アカガエル(赤蛙)アカガエル科

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トノサマガエルの関連情報