コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランキライザー トランキライザー tranquilizer

翻訳|tranquilizer

5件 の用語解説(トランキライザーの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

トランキライザー(tranquilizer)

精神的興奮をしずめ不安などを緩和する薬の総称。精神安定剤メジャートランキライザー抗精神病薬)も含まれるが、主にマイナートランキライザー(抗不安薬)をさす。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

トランキライザー

向精神薬の一種。精神安定薬,精神神経安定薬とも。催眠・鎮静薬とは異なり,おもに間脳に作用して精神機能には影響を与えずに精神活動の不安定・動揺を静穏化する。時にマイナー・トランキライザー(穏和精神安定剤・抗不安薬メプロバメートベンゾジアゼピン系など)とメジャー・トランキライザー(強力精神安定剤抗精神病薬クロルプロマジンなど)とに分ける。
→関連項目頭痛鎮静薬慢性疲労症候群メプロバメートワーナー・ランバート[会社]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

トランキライザー【tranquillizer】

選択的に不安を抑える薬物。静穏薬,精神安定剤などと訳された。抗不安薬を意味するのがふつうであるが,まれに広義に,マイナー・トランキライザーminor tranquillizer(穏和精神安定剤)とメジャー・トランキライザーmajor tranquillizer(強力精神安定剤)とに2分類される。しかし,まぎらわしいので現在では,前者を抗不安薬anti‐anxiety drug,後者を抗精神病薬anti‐psychotic drugとよぶようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

トランキライザー【tranquilizer】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トランキライザー
とらんきらいざー
tranquilizer

静穏薬、精神安定剤ともいう。向精神薬の一種で、従来の鎮静薬が大脳皮質に作用するのに対し、皮質下領域に作用して静穏作用を示す薬物がトランキライザーである。作用の強さからメジャートランキライザーとマイナートランキライザーに分けられる。[幸保文治]

メジャートランキライザー

精神神経用薬として精神病の治療に用いられ、抗精神病薬あるいは神経遮断薬ともよばれる。塩酸クロルプロマジンをはじめとするフェノチアジン系の薬物、ハロペリドールを代表とするプチロフェノン系薬物などがあり、統合失調症、人工冬眠、そう病、神経症における不安、緊張、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)などに用いられ、また麻酔前投薬にも用いられる。[幸保文治]

マイナートランキライザー

抗不安剤ともいい、いわゆる精神安定剤で、神経症に伴う不安、緊張、抑うつのみならず、恐怖症、神経衰弱にも用いられる。また、消化性潰瘍(かいよう)の治療にも併用されている。クロルジアゼポキシドから始まるベンゾジアゼピン系薬物が中心で、催眠作用はほとんどみられず、いわゆる不定愁訴に有効である。クロルジアゼポキシドに次いでジアゼパム、オキサゼパム、プロマゼパム、メダゼパム、ロラゼパム、クロキサゾラム、オキサゾラム、クロチアゼム、フルジアゼパム、プラゼパム、フルタゾラム、メキサゾラム、アルプラゾラムなどがある。ベンゾジアゼピン系でも催眠作用の強いニトラゼパムなどは睡眠薬や抗てんかん剤として用いられているが、トランキライザーではない。そのほか、化学構造の異なるヒドロキシジンもマイナートランキライザーでよく用いられている。メプロバメートは依存性のあることから使用されなくなった。なお、一般にトランキライザーといえば、おもにこのマイナートランキライザーをさす。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のトランキライザーの言及

【ジアゼパム】より

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬(マイナー・トランキライザー)の代表的な薬物。1960年に合成され,63年から臨床に用いられるようになり,日本では64年から発売されている。…

【メプロバメート】より

…白色の結晶性の粉末で味は苦い。トランキライザーの一種(弱トランキライザー)で,不安,緊張を軽減する。バルビツレートに比べて精神活動に対する抑制がはるかに小さい。…

※「トランキライザー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

トランキライザーの関連キーワード精神安定剤売抑え虫を抑えるイオン選択性電極静穏薬精神安定薬抑えるトランキラィザー (tranquilizer)精神安定薬 (tranquilizer)抑える (back up)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トランキライザーの関連情報