コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリコマイシン trichomycin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリコマイシン
trichomycin

放線菌の一種 Streptomyces hachijoensisの菌体から抽出される抗生物質の一つ。黄色の粉末で融点 155℃。カビ,原虫類に有効で,腟坐薬,軟膏,内服薬として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トリコマイシン

抗カビ性抗生物質。放線菌の一種が産生。原虫,真菌類などの細胞質膜に対して障害を与える。水虫たむしなどの白癬(はくせん)菌感染症,腸カンジダ症,口腔および咽喉頭(いんこうとう)カンジダ症,尿道・腟(ちつ)カンジダ症,トリコモナス腟炎,トリコモナス性膀胱(ぼうこう)炎などに軟膏,座薬として適用。
→関連項目肺カンジダ症

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

トリコマイシン【trichomycin】

放線菌から得られた抗生物質。1952年(昭和27)、八丈島の土壌から分離された培養菌体から発見。細菌には作用せず、原虫および真菌に作用するので、特にトリコモナス症・カンジダ症に有効。ハチマイシン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリコマイシン
とりこまいしん
trichomycin

ポリエン系抗生物質、抗真菌剤細谷省吾(ほそやしょうご)らにより1952年(昭和27)八丈島の宇喜多秀家(うきたひでいえ)の墓所の土壌から分離された放線菌の培養菌体から発見された。トリコモナス腟炎(ちつえん)、腟カンジダ症に腟錠として用いられ、軟膏(なんこう)は白癬(はくせん)菌症、真菌性およびトリコモナス性皮膚炎の治療に用いられる。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトリコマイシンの言及

【抗生物質】より

…耐性機構に基づいて有効な物質を得る方法論を築いたといえる。 抗カビ抗生物質としては,ナイスタチン(1950),トリコマイシン(1951)などをはじめとして,いくつもの抗生物質が見いだされているが,毒性が高く,ほとんどが外用に限られる。抗ウイルス抗生物質も探索されているが,まだ有効なものは見いだされていない。…

※「トリコマイシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トリコマイシンの関連キーワードトリコモナス症藤沢薬品工業細谷 省吾ポリエン抗原虫薬細菌

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android