コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロロアオイ トロロアオイHibiscus manihot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トロロアオイ
Hibiscus manihot

アオイ科の一年草。中国原産で,に含まれる粘液和紙製造用の糊に用いるため,また花が大きく美しいので観賞用にも栽培される。は直立し高さ1~2mに達する。葉は互生し掌状に5~9深裂し,裂片は狭長または広披針形であらい鋸歯がある。夏秋の頃,茎の上部の葉脈または頂部にやや総状に花をつける。花は横向きに開き径 15~20cm,花弁は黄色で5枚,底部暗紫色である。1日花であるが次々に新しい花を開き1株で十数花が咲く。和名は根が粘液を含むのをとろろにたとえたもので,この根は薬用にもされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

トロロアオイ

オウショクキ(黄蜀葵)とも。中国原産のアオイ科の一年草。草たけ1〜2m。葉は掌状複葉で5〜9裂し細毛がある。夏,径10〜15cmの黄色の5弁花を開く。観賞用のほか,根の外皮を除いて乾燥したものを黄蜀根と呼び,古くから粘滑剤として用いられ,現在ではねりと呼ぶ和抄造用糊料として重要。
→関連項目アオイ(葵)オクラ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トロロアオイ
とろろあおい / 黄蜀葵
[学]Abelmoschus manihot Medic. (=Hibiscus manihot L.)

アオイ科の一年草。中国原産。草丈は本来2メートル近くになるが、最近は0.5~1メートルの丈の低い品種が多く栽培されている。葉は互生し、葉柄が長く、掌状に深く裂ける。夏から秋、淡黄色で中心部が濃赤紫色、径15~20センチメートルの5弁花をつける。白花のものもある。花は1日でしぼむが、茎の下位から上位へと順に次々と開く。植物体全体、とくに根に粘質物を多く含み、これを和紙を漉(す)くときの糊(のり)として利用する。また、観賞用ともする。
 6月ころに種子を播(ま)く。糊原料をとるための栽培では、開花・結実させないために、つぼみがついたら先端部を刈り取る。収穫は初冬。連作すると立枯病など障害が多く出るので、輪作する。広島、静岡、埼玉県などで栽培されている。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トロロアオイの関連キーワードモミジアオイ(紅葉葵)小川(茨城県の旧町名)オウショクキアオイ(葵)練り木・練木小美玉(市)茨城(県)サイジング南瓜朝顔秋の七草石州和紙ノリアサ流し漉き本美濃紙紙漉唄雁皮紙アオイ唐朝顔練木紙木

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トロロアオイの関連情報