トンコリ(英語表記)tónkori

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンコリ
tónkori

アイヌの弦楽器樺太アイヌ楽器名称で,北海道北部ではカー () といった。長さ 75~150cm,幅 20cm前後のの上端に糸巻部をつけたもの。3~5を張り,で弾奏する。調弦が音高順でなく,開放弦でかき鳴らす奏法が多い。独奏もあるが,歌や踊り伴奏に多く用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

トンコリ

アイヌのツィター属撥弦楽器。全長約120cm,幅約10cm,厚さ約5cmの舟形の共鳴胴に通常5本の弦を張り,頭部の糸巻きで音高を調節する。座って楽器を左肩に立て掛けたり,に抱きかかえるようにして,両手の指で開放弦をはじく。独奏や踊りの伴奏に用いられ,独奏では自然界の音を模倣描写する曲が多い。樺太(サハリン)を中心に用いられ,北海道ではカー(糸,弦の意)の名で,宗谷地方だけに分布していた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トンコリ【tonkori】

おもにサハリン(樺太),北海道の北部(宗谷地方)に分布していた,アイヌの弦楽器。樺太ではトンコリ,北海道ではカー(〈弦〉の意)の呼称をもつ。全長約120cm,幅10cm,厚さ5cm,中を空洞にした共鳴胴をもつ楽器で,座って楽器を肩に立てかけたり,横抱きにしたりして両手の指で弦をはじいて音を出す。弦は5本あり2本の柱によって支えられる。いくつかの調弦法が記録されているが,基本的には4度によって調弦される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トンコリ
とんこり
tonkori

樺太(からふと)アイヌのチター属撥弦(はつげん)楽器。北海道アイヌの間では「カー」(弦)とよばれる。細長い舟形にくりぬいた木製胴に薄い響板を張り、一端に糸蔵を取り付けたもので、全長120センチメートル、幅10センチメートル、厚さ5センチメートル程度。2本のブリッジが響板の両端に固定され、5本の弦が張られる。調弦法はさまざまだが、A4―D4―G4―C4―F4のように、五度音程と四度音程とを交互にとるのが基本的である。奏者は、楽器をほぼ垂直か、あるいは糸蔵を左肩にのせて斜めに構え、両手指で弦をはじく。弦を押さえて音高を変えることはしない。楽器内に小さいガラス玉を入れることによって、楽器に生命が宿ると信じられており、かつては儀式の際の歌や踊りの伴奏に用いられていたが、現存するのは自然音の模倣や動物の描写などを行う独奏曲がほとんどである。

[山田陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

トンコリ

〘名〙 (アイヌ語から) アイヌの弦楽器。丸太をえぐり表板をはった細長い胴の、琴のような五弦楽器。上部に海老尾があり、斜めに抱きかかえて、両手の指で弾奏する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android