トンレサップ湖(読み)トンレサップこ(英語表記)Tonle Sap

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「トンレサップ湖」の解説

トンレサップ湖
トンレサップこ
Tonle Sap

カンボジア西部にある湖。北西-南東方向に細長く延び,乾季 (11月~4月) には長さ約 150km,幅約 35kmで,面積約 2700km2。最大水深 12m。メコン川洪水を制御する天然の調節池としての役割をもつ湖で,乾季には湖の南東端からトンレサップ川が流出してプノンペン付近でメコン川に注ぐのに対し,雨季には増水したメコン川の河水がトンレサップ川を逆流してこの湖に流入し,湖の面積は乾季の約3倍に広がる。水深も乾季の1~3mから,雨季には9~14mに増し,周辺の森林は水没してメコン川から流れ込む魚類の繁殖地となり,また湖に注ぐセン川などの河川に沿うコンポントムシエムレアプバッタンバンなどの町へ船が航できる。東南アジア最大の淡水湖で,漁業が盛んであるが,近年漁獲高が減少している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「トンレサップ湖」の解説

トンレサップ‐こ【トンレサップ湖】

(トンレサップはTonle Sap) インドシナ半島南部、カンボジアの中西部にある大湖。トンレサップ川によりメコン川につながり、増水期にはメコン川の水が逆流するため、水量調節の役割を果たす。淡水魚の漁場。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android