コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンレサップ湖 トンレサップこTonle Sap

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンレサップ湖
トンレサップこ
Tonle Sap

カンボジア西部にある湖。北西-南東方向に細長く延び,乾季 (11月~4月) には長さ約 150km,幅約 35kmで,面積約 2700km2。最大水深 12m。メコン川の洪水を制御する天然の調節池としての役割をもつ湖で,乾季には湖の南東端からトンレサップ川が流出してプノンペン付近でメコン川に注ぐのに対し,雨季には増水したメコン川の河水がトンレサップ川を逆流してこの湖に流入し,湖の面積は乾季の約3倍に広がる。水深も乾季の1~3mから,雨季には9~14mに増し,周辺の森林は水没してメコン川から流れ込む魚類の繁殖地となり,また湖に注ぐセン川などの河川に沿うコンポントムシエムレアプバッタンバンなどの町へ船が遡航できる。東南アジア最大の淡水湖で,漁業が盛んであるが,近年漁獲高が減少している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トンレサップ‐こ【トンレサップ湖】

Tonlé Sap》カンボジアにある、インドシナ半島最大の湖。乾季と雨季とで面積が3倍以上変化し、メコン川ともつながっている。淡水魚の種類が多く、古くから漁業が盛ん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

トンレサップこ【トンレサップ湖】

〔Tonle Sap〕 カンボジアの西部にある湖。面積は乾季・雨季により2600~25000平方キロメートルの間で増減する。トンレサップ川によってメコン川と合流。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

トンレサップ湖の関連キーワードジャヤバルマン2世コンポンプルックサムロンセン遺跡コンポンチナンシェムリアップアンコール遺跡プレックトアル東南アジア史アンコール朝チョンクニアプノンクロムバタンバンカンボジアアンコール真臘

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トンレサップ湖の関連情報