コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トンレサップ湖 トンレサップこ Tonle Sap

3件 の用語解説(トンレサップ湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トンレサップ湖
トンレサップこ
Tonle Sap

カンボジア西部にある湖。北西-南東方向に細長く延び,乾季 (11月~4月) には長さ約 150km,幅約 35kmで,面積約 2700km2最大水深 12m。メコン川の洪水を制御する天然の調節池としての役割をもつ湖で,乾季には湖の南東端からトンレサップ川が流出してプノンペン付近でメコン川に注ぐのに対し,雨季には増水したメコン川の河水がトンレサップ川を逆流してこの湖に流入し,湖の面積は乾季の約3倍に広がる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

トンレサップ‐こ【トンレサップ湖】

Tonlé Sap》カンボジアにある、インドシナ半島最大の湖。乾季と雨季とで面積が3倍以上変化し、メコン川ともつながっている。淡水魚の種類が多く、古くから漁業が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

トンレサップこ【トンレサップ湖】

〔Tonle Sap〕 カンボジアの西部にある湖。面積は乾季・雨季により2600~25000平方キロメートルの間で増減する。トンレサップ川によってメコン川と合流。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トンレサップ湖の関連キーワードカンボジアカンボジア語民主カンボジア国連カンボジア暫定統治機構印度支那国際連合カンボジア暫定統治機構SNCエリス[諸島]日本のカンボジア支援自衛隊のカンボジアPKO

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トンレサップ湖の関連情報