ド・デューブ(読み)どでゅーぶ(英語表記)Christian René de Duve

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ド・デューブ(Christian Ren de Duve)
どでゅーぶ
Christian Ren de Duve
(1917―2013)

ベルギーの生化学者。ベルギー人の両親が第一次世界大戦でイギリスに逃れ、ロンドン近郊のテムズ・ディットンで生まれた。1920年ベルギーに帰国。1941年ルーバン・カトリック大学医学部を卒業、第二次世界大戦後、短期間ノーベル医学研究所、ワシントン大学で研究生活を過ごし、1947年母校のルーバン・カトリック大学に戻り講師となった。1951年同大の教授に昇格、1962年から1988年までロックフェラー大学の教授を兼任した。
 初期の研究は、インスリン作用のメカニズムの解明であった。研究の過程で、細胞を構成している物質を遠心分離法を用いて調べた結果、新しい細胞小器官(オルガネラ)を発見、1955年にその物質をリソゾームと命名した。リソゾームの働きについて研究を進め、その役割が細胞内の消化分解作用であることをみいだし、さらにその仕組みを解明した。その後、リソゾームとは異なる細胞小器官ペルオキシゾームも発見している。1974年に「細胞の構造と機能に関する発見」に対して、A・クロード、パラーデとともにノーベル医学生理学賞を受賞した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android