ド・デューブ(読み)どでゅーぶ(英語表記)Thierry de Duve

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ド・デューブ(Thierry de Duve)
どでゅーぶ
Thierry de Duve
(1944― )

ベルギーの美術史家、美術批評家。ヘントの聖ルカ高等専門学校とドイツのウルム造形大学で工業デザインを学び、哲学バカロレア(大学入学資格)取得後、ブリュッセルのルーベン大学で心理学を専攻。さらにパリの社会科学高等研究院博士課程でルイ・マランに師事、「画家デュシャンの移行と変移」に関して「絵画唯名論」というテーマで博士の学位を取得している。
 ブリュッセルの各大学はもとより、アメリカのマサチューセッツ工科大学、ジョンズ・ホプキンズ大学、ペンシルベニア大学、テキサス大学をはじめとしてカナダのオタワ大学、パリ国際哲学院やドイツのカールスルーエ州立造形大学等において特別招聘教授として、デュシャン、第二次世界大戦後の芸術などをテーマに講義を行う。パリの社会科学高等研究院をはじめ、ソルボンヌ、ストラスブール大学、レンヌ大学、グルノーブル美術学校などから学位審査員として招かれている。またパリ市立美術学校の校長も務めた。
 社会科学高等研究院での博士論文が下敷きとなった1984年の著書『マルセル・デュシャン――絵画唯名論をめぐって』Nominalisme Pictural, Marcel Duchamp, la Peinture et la Modernitでド・デューブは、色彩よりも描線に依存しているかに思われるキュビスムの影響下にあったパリの前衛芸術世界から一時離れ、1912年に表現主義全盛のミュンヘンに滞在したデュシャンについて論じた。当時デュシャンは、色彩を施すことが絵の具という既製品を選ぶことにすぎないという、色の唯名論の発見に至り、そのためデュシャンは絵画を放棄し、レディーメイド(既製品)作品の制作へと向かったと考え、この移行の時期をフロイト、ラカンの精神分析用語を引きつつ詳細に記述した。また89年の『芸術の名において――デュシャン以後のカント/デュシャンによるカント』Au Nom de l'Art; pour une Archologie de la Modernitでド・デューブは、まったく前例のない試みであるレディーメイド作品が、モダニズムの芸術実践の論理そのものを主題とする、いわばメタ芸術に位置するものだと指摘する。それは「これは美しい」という伝統的な美的判断を「これは芸術だ」という判断へと転換させた。ド・デューブはこのレディーメイド作品による「美」から「芸術」への転換をカントの『判断力批判』(1790)に適用し、そこにデュシャンのラディカルな試みとの隠されたつながりを読み取っていく。本書の英語版が98年に刊行された際、美術史家マイケル・フリードは同書の際立った点として、デュシャンの重要性を、対極にあると思われていたクレメント・グリーンバーグの著作と取り組むことで明らかにしたこと、またグリーンバーグのフォーマリズム(形式主義)を理解するために、デュシャンを通して再解釈されたカントを支えにしたことを挙げている。この簡潔な指摘からも、ド・デューブの仕事が従来の美術史の枠内に収まらない、きわめて独創的なものであることは明らかだ。[松岡新一郎]
『鎌田博夫訳『マルセル・デュシャン――絵画唯名論をめぐって』(2001・法政大学出版局) ▽松浦寿夫・松岡新一郎訳『芸術の名において――デュシャン以後のカント/デュシャンによるカント』(2002・青土社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android