コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナギナタコウジュ

百科事典マイペディアの解説

ナギナタコウジュ

シソ科の一年草。北海道〜九州の山野はえ東アジアに広く分布する。高さ30〜60cm,全草に強いかおりがある。葉は対生し長卵形で,長さ5〜8cm,縁には鋸歯(きょし)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ナギナタコウジュ【Elsholtzia ciliata (Thunb.) Hylander】

山地の道端や草地に生えるシソ科の一年草(イラスト)。茎は直立して分枝し,四角形で高さ30~60cm。葉は対生し,卵形で長さ3~9cm,縁には鋸歯があり,0.5~2cmの葉柄がある。9~11月ごろ枝先に花穂をつけ,一方に向いて淡紫色の花をつける。花穂は扁円形ので覆われ,花は苞の間から出て,花冠は筒状で先端部に毛があり,4本のおしべが外につき出す。エルショルチアケトンelsholtziaketoneやナギナタケトンnaginataketoneという精油を含んでおり,葉や茎をもむと強い芳香がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナギナタコウジュ
なぎなたこうじゅ / 薙刀香
[学]Elsholtzia ciliata (Thunb.) Hylander

シソ科の一年草。茎は四角形で高さ30~60センチメートル、まばらに軟毛があって分枝する。葉は対生し、狭卵形で短い柄があり、もむと独特の香気がある。9~11月、上部の枝先に細長い花穂をつくり、小さな淡紅紫色花を一方向に密につける。名は、この花序の形が薙刀(なぎなた)の形に似ていることに由来する。山地の道端や草地に生え、アジアの温帯からヒマラヤ、旧ソ連地域に広く分布する。近縁のフトボナギナタコウジュは葉は広くて花序も太く、中部地方以西の本州、九州に分布する。[村田 源]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ナギナタコウジュの関連キーワードフトボナギナタコウジュイヌコウジュスズコウジュ香薷散香薷村田

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android