コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナポリ楽派 ナポリがくは neapolitan school

4件 の用語解説(ナポリ楽派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナポリ楽派
ナポリがくは
neapolitan school

18世紀を風靡したイタリアオペラの楽派。 F.プロベンツァーレ,A.スカルラッティに始り,N.ポルポラ,L.レオ,G.B.ペルゴレージ,N.ヨメリ,N.ピッチーニ,G.パイジェロ,D.チマローザら多数の巨匠を輩出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ナポリがくは【ナポリ楽派 scuola napoletana】

音楽史の用語。およそ1650‐1750年のバロック時代にナポリで活躍ないし教育を受けた作曲家を総称する。とりわけオペラの創作・上演は重要で,ナポリ楽派のオペラと声楽教育のメソードは18世紀ヨーロッパでは一つの模範となった。ベネチアからもたらされたオペラを発展させ,レチタティーボアリアの明確な分離,ダ・カーポ・アリアイタリア風序曲の確立,名技的な歌唱技巧の涵養等に貢献した。加えて,1720年代のメタスタージオによるリブレット改革を経てオペラ・セーリアとオペラ・ブッファという二大様式を打ち立てるなど,ナポリ楽派はオペラ史上大きな意義をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ナポリがくは【ナポリ楽派】

一七世紀末から一八世紀にナポリを中心に活躍したオペラの作曲家の一群、およびその様式。アリア中心主義で、主演歌手の名人芸的技巧による激烈な感情表現に特徴がある。主な作曲家に、アレッサンドロ=スカルラッティ・ペルゴレージ・チマローザらがいる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナポリ楽派
なぽりがくは
scuola napolitana

17世紀末から18世紀中ごろまでナポリを中心に活躍したオペラ作曲家たちで、アレッサンドロ・スカルラッティ、ペルゴレージ、パイジェッロ、チマローザらにより代表される。台本作者メタスタージオとともに、オペラの歌唱のアリアとレチタティーボへの分化を進めた。アリアは、ダ・カーポ・アリアとよばれるA―B―Aの形式をもち、旋律美と美しい発声、歌唱法(ベルカント)が追求された。とくに、カストラート(女声と同じ高音域を歌う去勢男性歌手)が活躍、技巧を競った。この楽派のオペラ様式は強い影響力をもち、18世紀中ごろのドイツイギリスのオペラはほとんどこの様式によっていたばかりでなく、その影響はモーツァルトの初期のオペラにまで及んでいる。また幕間(まくあい)の短く軽い内容の音楽劇(インテルメッツォ)はオペラ・ブッファの、序曲は古典派の交響曲の母体となった。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナポリ楽派の関連キーワードアンブロースオオヨシキリ西洋音楽史バーニー比較音楽学余所心よそよそセンツァ《日本音楽史》《平家音楽史》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナポリ楽派の関連情報