コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナリジクス酸 ナリジクスさん nalidixic acid

3件 の用語解説(ナリジクス酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナリジクス酸
ナリジクスさん
nalidixic acid

グラム陰性菌に対して強い抗菌作用を示す薬物。尿路感染症および胆道感染症に経口的に用いられる。細菌性赤痢その他の腸管感染症にも有効である。成人1回 500mg経口投与により,血中濃度は2時間後に最高となり,尿中濃度は4時間後最高となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナリジクス酸
なりじくすさん
nalidixic acid

合成抗菌剤。グラム陰性菌に有効なピリドンカルボン酸系の合成抗菌剤の最初の薬剤。白色ないし淡黄色の結晶または結晶性粉末で、においはない。水、エタノールに溶けにくい。50%含有の細粒、25%含有のドライシロップ、5%含有のシロップ、250ミリグラムおよび500ミリグラム含有の錠剤・カプセル剤が市販されている。適応症は腎盂(じんう)腎炎、腎盂炎、膀胱(ぼうこう)炎、尿道炎、前立腺(せん)炎、淋疾(りんしつ)、細菌性赤痢、腸炎、胆嚢(たんのう)胆管炎などである。1日1~4グラムを2~4回に分けて服用する。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナリジクス酸の関連キーワード抗菌スペクトル百日咳菌アンピシリングラム陰性菌パラチフス菌カルバペネムマクロライド抗菌作用ナリジキシン酸リポ多糖

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone