コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューカッスルアポンタイン Newcastle upon Tyne

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューカッスルアポンタイン
Newcastle upon Tyne

イギリスイングランド北東部,タイン・ウィア地域の中心都市。周辺を含めてニューカッスルアポンタイン地区を構成する。ロンドンの北北西約 400km,北海に注ぐタイン川の最下流部北岸にある。ローマ時代に要塞が築かれたことに始まる町で,市名は 1080年ここに新しい城(ニューカッスル)が建設されたことに由来する。発展は 12世紀にスコットランドとの境界地帯を守る要衝となってからで,防壁に囲まれた町に商人が集まり,商業中心地として急速に発展。特に羊毛の取り引きが盛んで,14世紀半ばに毛織物工業も始まった。16世紀には羊毛に代わって石炭が重要となり,背後の炭田地帯からの石炭をロンドンに積み出した。18世紀末からガラス,製鉄,造船などの工業が始まり,工業都市として発展。20世紀後半には採炭や重工業は衰退したが,経済の主力をサービス業や金融業などに移し,イングランド北部の中心都市となっている。学術,文化の中心地でもあり,ニューカッスル大学をはじめとする高等教育機関や,考古学博物館,科学技術博物館などがある。ロンドンとエディンバラを結ぶ幹線鉄道が通る交通の要地で,タイン川水運や北海に通じる水路に恵まれる。地区面積 113km2。地区人口 26万9500(2004推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニューカッスルアポンタインの関連キーワードローワン アトキンソンノースタインサイドサウスタインサイドノーサンバーランドアームストロングサウスシールズサンダーランドスチーブンソンコナベーションロングベントンコリングウッドタインマウスダーリントンニュービギンゲーツヘッドグリーナーヒッグスブランドジャローブライズ