コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニューラナーク New Lanark

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニューラナーク
New Lanark

イギリスの空想的社会主義者 R.オーウェンが,1799~1829年に人道主義の理想に基づく進歩的工場経営を行なった紡績工場の名称。オーウェンはマンチェスターで木綿紡糸工場を創設し,1794~95年コールトン撚糸会社を経営,その成功によって 1799年 D.デールからグラスゴー近郊のニューラナーク工場を買い取り,共同経営者とともに営利企業の枠をこえた経営管理を試みた。しかし 1829年共同経営者と内紛を起こし,その結果オーウェンはニューラナークから手を引いた。現在も工場や居住区の建物群が残っている。 2001年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ニュー‐ラナーク(New Lanark)

スコットランド南部、グラスゴー南東約40キロメートルにある産業遺跡。19世紀初頭に社会主義者ロバート=オーエンが綿紡績工場の操業を始め、労働者の住宅や学校などの環境を整え、理想的な産業コミュニティーをつくろうとしたもの。現在は工場施設などが見学できるように整備されている。2001年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のニューラナークの言及

【ラナーク】より

…また13世紀にはイングランドからの独立闘争を開始したW.ウォーレスが近くの洞穴に隠れ住んだ。南郊にあるニューラナークは,1800年から約25年間R.オーエンが紡績工場で社会主義を実践したことで知られる。【長谷川 孝治】。…

※「ニューラナーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ニューラナークの関連キーワードクライド滝野生保護区幼児学校オーエン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android