コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニーム ニーム Nîmes

6件 の用語解説(ニームの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニーム
ニーム
Nîmes

フランス南部,ガール県の県都。古代名ネマウスス Nemausus。マルセイユ北西約 100km,ローヌ川下流平野に位置する商工業都市。ケルト人のアレコミキ部族の中心集落であったが,前120年にローマに征服され,属州ナルボネンシスの都市として栄えた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ニーム(Nîmes)

フランス南部、ガール県の都市。同県の県都。ワインブランデーをはじめ農産物の取引や工業が盛ん。円形劇場、神殿など古代ローマ時代の遺跡が数多く残っている。郊外を流れるガルドン川に、石造アーチ構造の水道橋ガール橋がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ニーム

フランス南部,ガール県の県都。ローヌ川沿いのアビニョンから南西約40km,地中海沿岸から約40kmにある。ブドウ取引の中心地で,機械,織物,食品などの工業が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ニーム【Nîmes】

フランス南部,ガール県の県都。人口13万4000(1990)。プロバンス地方の平原上に位置する古来の中心都市。すでにゴール人が居住していたこの都市は,前1世紀末ローマ皇帝アウグストゥスによって重要視され,南フランスにおけるローマ文化の中心地となった。多数の建造物が建てられたが,それらのうち,円形劇場,神殿(メゾン・カレ)などが,良好な状態で現存する。近代には,家畜・農産物の常設市をもって知られ,また作家A.ドーデの生地でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ニーム【Nîmes】

フランス南部の観光都市。ガールの橋(水道橋)・円形闘技場など、古代ローマの遺跡がある。ブドウ酒の集散も盛ん。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ニーム
にーむ
Nmes

フランス南部、ガール県の県都。アビニョンの南西約40キロメートルセベンヌ山麓(さんろく)のコスチエール丘陵とローヌ川の沖積平野との接触点に位置する。人口13万3424(1999)。ぶどう酒、ブランデー、穀物、織物の取引や、繊維、農業機械、化学などの工業も盛んである。壁掛け織物、帽子は特産品。ローマ皇帝アウグストゥスによって建設され、泉の精ネマウススにちなみ、コロニア・ネマウスス・アウグスタColonia Nemausus Augustaとよばれ、ガリアのもっとも富裕な町といわれた。その後ゲルマン民族やイスラム教徒の侵入を受けて破壊された。1185年にはトゥールーズ伯領、1229年にはフランス王領となった。市民には新教徒が多く、16、17世紀の宗教戦争では悲惨を経験した。第二次世界大戦では被害を受けたが、ローマ時代の遺跡はよく残っている。おもなものに、トゥール・マーニュ(大塔)、円形闘技場、コリント様式の寺院(メゾン・カレー)、また市の北東郊にはアビニョンとの間のガール川に架かる最大のローマ水道橋(ガール橋)などがある。小説家ドーデ、歴史家ギゾーの生地。[青木伸好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のニームの言及

【メゾン・カレ】より

…フランス南部,ニーム(古代名ネマウススNemausus)にほぼ完璧な状態で残る古代ローマの神殿。フランス語で〈方形の邸〉の意。…

※「ニーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ニームの関連キーワードイエールトゥールーズニースペルピニャンモントーバンモンペリエルーベトゥーロンメゾンカレーバランス・シュル・ローヌ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ニームの関連情報