コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネアルコス Nearchos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネアルコス
Nearchos

[生]?
[没]前312頃
アレクサンドロス3世 (大王) の武将,友人。クレタ島の出身。インダス河口からチグリス河口までの沿岸を航行 (前 325~324) した大王の艦隊を指揮した。前 325年に大王がインダス川を海へ下ったとき同行し,その経験に基づいて記された彼の年代記は,信憑性も高く,のちにストラボンアリアノスが利用している。大王の死 (前 323) 後はアンチゴノス1世デメトリオス1世に従い,前 312年ガザの戦いで戦死したといわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ネアルコス【Nearchos】

前360ころ‐前312ころ
アレクサンドロス大王が最も信頼した側近〈ヘタイロイ〉の部将の一人。クレタ島出身のギリシア人で,王とは少年時代から親友として交わった。前334年以来大王の東征に従軍したが,前半の5年間は小アジア南岸一帯のリュキア,パンフュリア地方の統治をゆだねられて東征軍の後方にとどまり,前329‐前328年,当時バクトリア地方に作戦中の王のもとに召致されてからは王と行を共にした。とくに海事に明るく,東征の帰途インダス川下航に際しては全輸送船団の指揮をとった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネアルコス
ねあるこす
Nearchos
(?―前312?)

アレクサンドロス大王の信任もっとも厚かった臣僚の1人。クレタ島出身。とくに水師提督として傑出し、遠征末期のインダス川下航およびペルシア湾までの沿岸航海の指揮をとった。大王のアラビア探検計画にも提督を予定されていた。大王没後はアンティゴノス1世につき、ガザの戦い(前312)において戦死したらしい。航海誌風の述作があったらしいが、それは隠滅し、わずかにアリアヌスの『インド誌』やストラボンの『地理誌』(ともにローマ時代)などの典拠となったと推察される。引用行文の信憑(しんぴょう)性は高い。[金澤良樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のネアルコスの言及

【アレクサンドロス[大王]】より

…彼は進路を南に転じてインダス川筋を河口まで下り,次いでアフガニスタン南岸に近いマクラン砂漠を苦難の果てに踏破した後,スーサ,エクバタナ経由で前323年初めバビロンに帰還した。この西帰の過程で部将ネアルコスが王命によって艦隊をひきい,インダス河口からペルシア湾奥まで海路の探査に成功したことは,東征の大きな成果に数えられる。アレクサンドロスはスーサで,留守行政の綱紀退廃をきびしく粛清する一方,彼自身を含めて将兵約1万人の東方人女性との集団結婚式を挙げ,また東方人主体の新帝国軍の編成にも着手している。…

【インド誌】より

…ギリシアの歴史家,哲学者アリアヌス(アリアノス)がその著作《アレクサンドロスの遠征》に加えた付録。インドの地誌,歴史,およびアレクサンドロス大王の提督ネアルコス指揮下のマケドニア艦隊がインダス河口からティグリス河口に至るまでの航海記録(前326‐前325ころ)を内容とする。ネアルコス提督の報告書,メガステネスのインド見聞記などに資料を得ているので貴重な文献となっている。…

※「ネアルコス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ネアルコスの関連キーワードアレクサンドロス(マケドニア王)アレクサンドロス3世(大王)オネシクリトスホルムズ黒絵式カラチ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android