ネイ(読み)ねい(英語表記)ney ペルシア語

日本大百科全書(ニッポニカ)「ネイ」の解説

ネイ
ねい
ney ペルシア語

西アジア、中央アジア、北アフリカで用いられるノンリード(無簧(むこう))の気鳴楽器。ナーイとかカサバともよばれる。いずれも語義は「葦(あし)」で、実際に太いアシでつくられる場合が多い。標準サイズは長さ50~70センチメートル、直径2~2.5センチメートル程度。指前面に5~7穴、裏面に1穴(親指用)あけられる。奏者は楽器をやや斜めに構え、管の上端を下唇に置くか上歯に当て、送り込む空気の量と方向を舌で調節しながら吹奏する。音域は普通2オクターブ半程度で、呼吸法や運指法(交差や半開)、さらには唇と頭の動かし方などで微妙に音高を変化させる。古典音楽や民俗音楽の合奏や独奏に広く用いられるが、トルコではとくにイスラム教典礼音楽の重要な独奏楽器となっている。

[山田陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「ネイ」の解説

ネイ

イラン,トルコの葦の縦笛。少しななめにかまえて吹く。葦管の内側(イラン)を削ったり,別に木製の歌口をつけたり(トルコ)してできた鋭いエッジに息をあてて,循環呼吸で途切れないように音を出す。指孔は前面に5か6,背面に1。おもに古典音楽の独奏,合奏,歌の伴奏に用いる。トルコのメウレウィー教団の典礼音楽には不可欠。民俗音楽にも用いられる。ナーイと同系。
→関連項目ターラブ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「ネイ」の解説

ネイ

〘名〙 (ney) 北アフリカから西アジアにかけて用いられる尺八系のたて笛。ふつう、葦製で、前面に五~七、背面に一個の指孔がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ネイ」の解説

ネイ(〈ペルシア〉ney)

北アフリカから西アジアにかけて用いられる尺八系の縦笛。ふつう、あし製で、前面に5~7、背面に1個の指孔がある。ナーイ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「ネイ」の解説

ネイ【ney[ペルシア]】

イラン,トルコ,アラブ諸国など西アジアと北アフリカおよび中央アジアの伝統音楽に用いられるノンリードの縦笛。ナーイnāyともいう。元来ペルシア語で〈アシ〉を意味し,実際にネイと呼ばれるアシの茎(中空で竹に似ているがより柔らかく軽い)で作られる。長さは約40cmから80cm内外まで,音高によってさまざまであるが,指孔の数はほぼ共通しており,前面に5孔(ないし6孔),背面に親指用の孔が一つある。ネイはイラン,トルコ,アラブの古典音楽に不可欠の重要な楽器であるが,それ以上にイスラムのスーフィーの典礼音楽で重用される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のネイの言及

【イラン音楽】より

…拍節の明確な歌はタスニーフとかザルビーと呼ばれ,あらかじめ作曲された軽い付随的な部分を成す。アーバーズの伴奏に用いられる楽器は,タール,セタール,サントゥール,カマーンチェのような弦楽器やネイと呼ばれる管楽器,そしてトンバク(ザルブ)と呼ばれる太鼓で,旋律楽器は歌の旋律を不即不離の関係で追う。またこれらの楽器が,あらかじめ作曲された器楽曲(ピーシュダルアーマドやレング)を歌の前奏曲や終曲として合奏演奏することもある。…

【笛】より

…オルガンのパイプの主軸であるフルー管もこれと基本的に同じで,機械送風を用いることと,吹込み口も歌口も下部にある点が異なる。 やはり縦型の尺八,洞簫(どうしよう)(),ケーナネイなどの場合は,管の上端が開放されており,気道は設けられていない。気流の諸条件は横笛の場合と同じく,すべて奏者の肉体的制御にゆだねられ,管端が歌口を兼ねる。…

※「ネイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android