コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネクタリン ネクタリン Prunus persica var. nectarina; nectarine

6件 の用語解説(ネクタリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネクタリン
ネクタリン
Prunus persica var. nectarina; nectarine

バラ科の落葉高木。モモ (桃) の変種で,アブラモモツバキモモなどとも呼ばれる。樹形,葉,花などはモモと区別がつかないが,果実は紅黄色でモモよりやや小さく球形,表面に毛はなくツバキの実のように光沢がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ネクタリン(nectarine)

桃の一品種。果実は桃よりやや小さく黄赤色を帯び、毛はない。中国西域の原産で、日本では古くから東北・北陸などで栽培。椿桃(つばいもも)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ネクタリン

バラ科の高木。油桃とも。モモの一種で果実には毛がなくなめらか。果肉はだいだい黄色のものが多く,完熟したものは芳香がある。4月ピンクの花をつけ,7月中旬ごろ成熟する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ネクタリン

 [Prunus persica var. nucipersica].バラ目バラ科サクラ属に属するモモの変種.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ネクタリン【nectarine】

バラ科に属する落葉果樹で,園芸上は核果類に属し,果実を食用とする。果実に細毛を有するモモから突然変異によって生じた細毛のない変種で,ケナシモモまたはズバイモモ,アブラモモ(油桃)とも呼ばれる。またツバキの果実のように赤色に着色することから,地方によってはツバキモモ(椿桃)ともいう。北陸・東北地方では古くから栽培されていたが,小果で品質が劣ったため消滅した。現在の栽培品種は,明治初年以降に欧米諸国から導入された大果系の品種を素材にして,日本で改良されたものが多く,英名のネクタリンで呼ばれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ネクタリン【nectarine】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ネクタリンの関連キーワードクリ(栗)クルミ(胡桃)ナシ(梨)ペカンリンゴ(林檎)核果類キイチゴピカンユスラウメサクランボ(桜坊)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ネクタリンの関連情報