コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネズミドリ Coliidae; mousebirds

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ネズミドリ
Coliidae; mousebirds

ネズミドリ目ネズミドリ科の鳥の総称。2属 6種からなる。が長く,全長 30cmの 2分の1ないし 3分の2は尾である。頭には三角形冠羽(→羽冠)がある。は短く,下方に湾曲する。脚は非常に強く,趾(あしゆび)はアマツバメの仲間と同じように通常前方へ向いているが,両側の 2本は後方へも向けられ,樹上を巧みに動き回る。羽色は灰色ないし褐色を主色とする。サハラ砂漠以南のアフリカに分布し,林縁サバナに小群ですみ,果実や種子を主食とする。ネズミドリの名は,尾の長いことと,小声で鳴き合いながら枝から枝へ小走りに移っていくさまがネズミに似ているからだといわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネズミドリ
ねずみどり / 鼠鳥
mousebirdcoly

鳥綱ネズミドリ目ネズミドリ科に属する鳥の総称。この科Coliidaeは1属6種よりなり、サハラ砂漠以南のアフリカに分布する。ネズミドリの名は、木や枝の上を巧みに動き回る姿がネズミに似ているところからつけられた。全長30~36センチメートル。尾が長く、全長の半分以上である。頭上にふさふさした冠羽があり、羽色は灰色か褐色で、頭部や腰の色は種によって異なる。嘴(くちばし)と足はじょうぶで、同科の特徴として、後趾(こうし)(第1趾)と外趾(第4趾)は前向きにも後ろ向きにもなり、嘴と足を使って木によじ登ったり、枝から枝へ伝い歩く。抱卵中以外はつねに5~10羽(まれに30羽)の小群で生活している。食物は主として植物質で、果実、漿果(しょうか)、若芽、花などであるが、昆虫類もかなりとるほか、ときには小鳥の雛(ひな)も盗んで食べる。地方によっては、作物や果樹園に大きな被害を与えている。植物の繊維や枯れ葉を材料として、かなり大きな椀(わん)形の巣をつくり、よく茂った低木の上ややぶの中にかける。また、卵や雛を敵から守るために、しばしばスズメバチの巣の近くを選んで営巣する。1腹の卵は2~4個。抱卵期間は約14日。さえずりはしないが、移動中や巣の近くではさまざまな声を出す。飼い鳥としてはまれであるが、動物園ではよく人間になれ、長生きし、繁殖もする。バナナ、果物、牛乳などで飼う。代表種のアオエリネズミドリColius macrourusは後頸(こうけい)が青色で、セネガルからソマリアにかけての熱帯アフリカに分布している。[森岡弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ネズミドリの関連キーワードネズミドリ(鼠鳥)青襟鼠鳥白頭鼠鳥茶色鼠鳥鳥類鼠鳥

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android