コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ネルンストの熱定理(読み)ネルンストノネツテイリ

デジタル大辞泉の解説

ネルンスト‐の‐ねつていり【ネルンストの熱定理】

絶対温度が零となる極限において、エントロピーも零となるという定理。熱力学第3法則と同義。有限回の操作によって絶対零度に到達できないことが、多数の実験から帰納的に導かれた。1906年、ドイツの物理化学者ネルンストが提唱。ネルンストプランクの定理。→熱力学の法則

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

法則の辞典の解説

ネルンストの熱定理【Nernst's theorem of heat】

一様な系では自由エネルギーの温度変化(温度微分),およびエンタルピーの温度変化(温度微分)は,T→0Kの極限でゼロとなる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ネルンストの熱定理
ねるんすとのねつていり

絶対零度の極限におけるエントロピーの挙動について、1906年H・ネルンストが発見した定理。ネルンストは可逆電池を熱力学の立場から考察し、温度が絶対零度に近づくとき、エントロピーは有限値になることを示した。エントロピーに加わる任意定数は物理的な意味をもたないから、エントロピーの原点を適当に選び、前述の有限値を0と置くことができる。したがって「絶対零度ではエントロピーは0である」といえる。これをネルンストの熱定理という。この定理はまた熱力学の第三法則ともよばれる。
 統計力学におけるボルツマンの原理によるとエントロピーSSkBlogWと表される。ここでkBはボルツマン定数、Wは指定されたエネルギーをもつ状態の数である。絶対零度では体系の量子力学的な基底状態が実現し、縮退がなければW=1でS=0の関係が必然的に導かれる。[阿部龍蔵・宮下精二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android