ノット(Cargill Gilston Knott)(読み)のっと(英語表記)Cargill Gilston Knott

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノット(Cargill Gilston Knott)
のっと
Cargill Gilston Knott
(1856―1922)

イギリスの物理学者、明治時代のお雇い外国人教師。スコットランドのペニクウィク生まれ。1872年エジンバラ大学に入学。卒業後、同大学自然哲学科助手。1883年(明治16)エジンバラを離れ、同年ユーイング後任として東京大学理学部で教鞭(きょうべん)をとり始め、電気学、磁気学、力学などを講義。この間、地震研究に参加、また日本で最初の全国的な地磁気観測を田中館愛橘(たなかだてあいきつ)らと組織し、指導にあたったほか、火山研究も行った。1891年、帝大理科大学最後のお雇い外国人教師として離任。帰国後は母校の応用数学講師となり、王立協会会員に選ばれた。『エンサイクロペディア・ブリタニカ』に多くの論文を寄稿。

[内田 謙 2018年8月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android