コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーノ Nono, Luigi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノーノ
Nono, Luigi

[生]1924.1.29. ベネチア
[没]1990.5.8. ベネチア
イタリアの作曲家。 1941年からベネチア音楽院の聴講生となり,G.マリピエーロ,B.マデルナに師事。一方,パドバ大学で法律を学んだ。夫人はシェーンベルクの娘。 50年ダルムシュタットの「国際夏季音楽祭」で『シェーンベルク op.41のセリーによる変奏』を初演。主要作品は7楽器の『ポリフォニカ・モノディア・リトミカ』 (1951) ,独唱,合唱,管弦楽の『イル・カント・ソスペーソ』 (56) ,オペラ『イントレランツァ』 (60) ,カンタータ『ヒロシマの橋の上で』 (62) など。共産党員であり,政治的な主題を扱った作品も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ノーノ(Luigi Nono)

[1924~1990]イタリアの作曲家。十二音音楽から出発し、さまざまな前衛技法を採用する実験的傾向を強めていった。また「ゲルニカの勝利」「生命と愛の歌―広島の橋の上で」「アウシュビッツの事件」など多くの社会的作品を発表した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ノーノ

イタリアの作曲家。ベネチアに生まれ,同地の音楽院でマリピエロに師事。第2次大戦後マデルナシェルヘンに学んだ。戦後の前衛音楽運動の中心となった〈ダルムシュタット国際現代音楽夏期講習〉に1950年から参加,シュトックハウゼンブーレーズを知る。
→関連項目アバドポリーニ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノーノ【Luigi Nono】

1924‐90
イタリアの作曲家。ベネチアの音楽院でマリピエロに師事し,第2次大戦後,B.マデルナに学ぶ。1950年代にはダルムシュタットの国際現代音楽夏期講習,ミラノの電子音楽スタジオに参加。また共産党員として政治的情熱を音楽の創作活動に注ぐ。50年の管弦楽曲《カノン風変奏曲》でシェーンベルクの十二音技法を採用したが,24楽器のための《遭遇》(1955)で後期ウェーベルンの点描音楽,バイオリンと管弦楽のための《変奏》(1957)で全面セリーと技法を推進するうちに,12音の均質な表現に変わっていった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ノーノ【Luigi Nono】

1924~1990) イタリアの作曲家。初期のセリー手法から電子音響を使った実験的傾向を強め、社会的・政治的権力批判と音楽表現の結合を試みた。オペラ「非寛容」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノーノ
のーの
Luigi Nono
(1924―1990)

第二次世界大戦後のイタリアを代表する作曲家。ベネチア生まれ。とくに共産党の政治思想と現代音楽の接点にたったことで有名である。パドバ大学で法律を学ぶかたわらベネチア音楽院でマリピエロに師事、のちにマデルナとシェルヘンにつく。1950年ドイツのダルムシュタットで『シェーンベルクの作品41のセリーによる変奏曲』が初演されて以来、戦後前衛音楽の代表的作曲家として知られるようになった。同世代のブーレーズと同じくポスト・ウェーベルン的セリー技法を用いた作品が多いが、歌詞の処理にイタリアの叙情が感じられる。代表作に、独唱と合唱と管弦楽のための『中断された歌』(1955~56)、オペラ『イントレランツァ』(1960~61)、ソプラノとピアノと管弦楽のための『力と光の波のように』(1971)、弦楽四重奏曲『断章‐静寂、ディオティマヘ』(1979)、ギリシア神話のプロメテウスの物語をモチーフにした『プロメテオ』(1983)、ロシアの映画監督タルコフスキーに捧げられた『進むべき道はない、だが進まなくてはならない』(1987)、ギターと合奏のための『ステファンのための墓石』(1989)などがある。[細川周平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のノーノの言及

【ミュジック・セリエル】より

…その先例としてM.バビットの《四つの楽器のためのコンポジション》(1948)があるが,決定的影響力はブーレーズの作品にあった。 ミュジック・セリエルの技法による作品としては,これをより自由に用いたブーレーズの《ル・マルトー・サン・メートル》(1954)があるが,最も厳格に,しかも多彩なくふうをこらして作曲したのはノーノLuigi Nono(1924‐90)で,彼の《イル・カント・ソスペーソ》(1956)はその代表作である。しかし,ミュジック・セリエルの技法は,音のすべての面をセリー化するという点で,音楽の自由な運動性,表現性に適さず,50年代終りにはその力を失った。…

※「ノーノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ノーノの関連キーワードヒドロキシメチルビランシンターゼノーロスノープロフィットの原則ヒドロキシメチルビラン合成酵素プラスミノーゲン活性化因子ダニス タノヴィッチノブレスオブリージュノンアイロンシャツノーメンクラツーラノーザンブロット法セイノーロジックスのーざん ほーすけノメンクラトゥーラno guardノーファインダーアニックガーデンカリーニン大通りスノーウィー山地no bound搭乗拒否リストレプレイアード