コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーベリウム ノーベリウム nobelium

翻訳|nobelium

6件 の用語解説(ノーベリウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノーベリウム
ノーベリウム
nobelium

元素記号 No ,原子番号 102。周期表3族のアクチノイド元素で,超ウラン元素の1つ。 1958年 A.ギオルソ,T.シックランド,J.ワルトン,G.シーボーグによって発見された人工放射性元素である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ノーベリウム(nobelium)

アクチノイドに属する超ウラン元素の一。キュリウム244に炭素13のイオンを衝撃させて得られた人工放射性元素元素記号No 原子番号102。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ノーベリウム

元素記号はNo。原子番号102。超ウラン元素の一つ。名はノーベルにちなむ。1957年スウェーデンのノーベル物理学研究所,米国のアルゴンヌ国立研究所,英国のハーウェル原子力研究所の各研究者の協力により,サイクロトロンを用いて244Cmを13Cで衝撃して質量数251または253の102番元素(α崩壊,半減期約10分)が得られたと報告。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ノーベリウム【nobelium】

周期表元素記号=No 原子番号=102電子配置=[Rn]5f136d17s2おもな酸化数=II,III周期表第IIIA族に属するアクチノイドの一つ。1957年スウェーデンのノーベル物理研究所において,アメリカフィールズP.R.Fields,フリードマンA.M.Friedman,イギリスのミルステッドJ.M.Milsted,スウェーデンのアタリングH.Atterling,フォースリングW.Forsling,ホルムL.W.Holm,オーストレームB.Åströmの共同研究によって,サイクロトロンで加速した13C4+244Cmに衝撃させて初めてつくられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ノーベリウム【nobelium】

アクチノイドの一。元素記号 No  原子番号102。超ウラン元素の一つで同位体はすべて放射性。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノーベリウム
のーべりうむ
nobelium

アクチノイドに属する放射性元素の一つ。原子番号102、元素記号No。この元素の人工合成については、1957年アメリカのアルゴンヌ国立研究所、イギリスのハーウェル原子力研究所、スウェーデンのノーベル物理学研究所の共同研究に始まり、アメリカのカリフォルニア大学バークリー校とソ連(現、ロシア)のドゥブナ研究所での研究競合が1960年代末まで続けられた。原子番号82番の鉛から98番カリホルニウムくらいまでの重元素原子に原子番号5番ホウ素から20番カルシウムくらいまでの軽元素原子を衝撃させて得た、質量数250から260を超える同位体の生成が報告されているが、最長の半減期はノーベリウム259の58分とされている。対応するランタノイドイッテルビウムに似た化学的性質を示し、水溶液中で2価および3価陽イオンとなる。元素名としてロシアの研究者からはジョリオチウムjoliotium(元素記号Jo)が提案されたが、国際純正・応用化学連合(IUPAC:International Union of Pure and Applied Chemistry)は、最初に実験が行われた研究所およびノーベル賞創設者のノーベルを記念して、ノーベリウムを採用した。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ノーベリウムの関連キーワードオスミウム臭素白金ニッケルネオジムハフニウムバリウムルテニウム元素記号

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone