コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ノーベリウム nobelium

翻訳|nobelium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ノーベリウム
nobelium

元素記号 No原子番号 102。周期表3族のアクチノイド元素で,超ウラン元素の1つ。 1958年 A.ギオルソ,T.シックランド,J.ワルトン,G.シーボーグによって発見された人工放射性元素である。質量数 254の核種 (半減期3秒,α壊変) が,カリホルニウム 246と炭素 12の核反応により得られた。現在ではこのほか6種の放射性同位体が知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ノーベリウム

元素記号はNo。原子番号102。超ウラン元素の一つ。名はノーベルにちなむ。1957年スウェーデンのノーベル物理学研究所,米国のアルゴンヌ国立研究所,英国のハーウェル原子力研究所の各研究者の協力により,サイクロトロンを用いて244Cmを13Cで衝撃して質量数251または253の102番元素(α崩壊,半減期約10分)が得られたと報告。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ノーベリウム【nobelium】

周期表元素記号=No 原子番号=102電子配置=[Rn]5f136d17s2おもな酸化数=II,III周期表第IIIA族に属するアクチノイドの一つ。1957年スウェーデンのノーベル物理研究所において,アメリカのフィールズP.R.Fields,フリードマンA.M.Friedman,イギリスのミルステッドJ.M.Milsted,スウェーデンのアタリングH.Atterling,フォースリングW.Forsling,ホルムL.W.Holm,オーストレームB.Åströmの共同研究によって,サイクロトロンで加速した13C4+244Cmに衝撃させて初めてつくられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ノーベリウム【nobelium】

アクチノイドの一。元素記号 No  原子番号102。超ウラン元素の一つで同位体はすべて放射性。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ノーベリウム
のーべりうむ
nobelium

アクチノイドに属する放射性元素の一つ。原子番号102、元素記号No。この元素の人工合成については、1957年アメリカのアルゴンヌ国立研究所、イギリスのハーウェル原子力研究所、スウェーデンのノーベル物理学研究所の共同研究に始まり、アメリカのカリフォルニア大学バークリー校とソ連(現、ロシア)のドゥブナ研究所での研究競合が1960年代末まで続けられた。原子番号82番の鉛から98番カリホルニウムくらいまでの重元素原子に原子番号5番ホウ素から20番カルシウムくらいまでの軽元素原子を衝撃させて得た、質量数250から260を超える同位体の生成が報告されているが、最長の半減期はノーベリウム259の58分とされている。対応するランタノイドのイッテルビウムに似た化学的性質を示し、水溶液中で2価および3価陽イオンとなる。元素名としてロシアの研究者からはジョリオチウムjoliotium(元素記号Jo)が提案されたが、国際純正・応用化学連合(IUPAC:International Union of Pure and Applied Chemistry)は、最初に実験が行われた研究所およびノーベル賞創設者のノーベルを記念して、ノーベリウムを採用した。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ノーベリウムの関連キーワードノーベリウム(データノート)原子量一覧/元素名順ダームスタチウムシーボーギウム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android