コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハイマツ(這松) ハイマツPinus pumila; dwarf stone pine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハイマツ(這松)
ハイマツ
Pinus pumila; dwarf stone pine

マツ科の常緑低木で,本州中部より北の高山帯に自生する。日本のほか北千島,サハリンカムチャツカシベリア,朝鮮半島などにも分布する。幹は地に伏して伸び,密生する葉は長さ 6cmで,5本が一束になっている。雌雄同株,花は6月に咲く。球果は卵形で長さ 5cm内外,種子は三角状倒卵形で翼がなく,食用になる。高山帯ではしばしば大群落を形成する。盆栽に利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハイマツ【ハイマツ(這松) Japanese stone pine】

幹がふつう地上をはう五葉松の1種で,日本では高山帯を代表する(イラスト)。球果は熟しても開かない。幹枝は長さ10~15mも地上をはい,高さはふつう1~3m,まれに10mに達する。若枝に短い褐毛がある。針葉は長さ3~9cm。6~7月当年枝の基部に暗紫色の雄花,先端に淡紅色の雌球花を開く。翌秋,長さ約5cmの卵形緑褐色の球果が熟する。球果の各種鱗には2個ずつの翼のない種子を載せる。種子は長さ8~12mmで食べられ,球果が腐朽してから発芽する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハイマツ(這松)の言及

【高山植物】より

…したがって,発達する植物群落は比較的小型の多年草や矮性(わいせい)低木からなることが一般的である。ハイマツは日本列島の高山帯に生育する数少ない樹木の一つで,高山帯の指標植物とされているものであるが,その分布は本州中部の高山から東北地方,北海道,サハリン,千島列島をへて,シベリア大陸の東北部まで広がっている。この植物はその著しい匍匐(ほふく)性の樹型とともに,つねに森林限界より上部に出現し(ただし,分布域の北部では海岸付近の低地にも生育する),その他の大型低木であるキバナシャクナゲ,クロウスゴ,タカネナナカマド,ウラジロナナカマド,マルバシモツケ,タカネイバラ,コケモモなどを伴い,特徴的な群落を形成する。…

※「ハイマツ(這松)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ハイマツ(這松)の関連キーワード北オホーツク道立自然公園マツ(松)マツ科

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android