コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハカ ハカJaca

3件 の用語解説(ハカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハカ
Jaca

スペイン北東部,アラゴン州,ウエスカ県の町。ピレネー山脈南麓,フランス国境近くに位置する。前 194年ローマ属領。 716年ムーア人に占領されたが,760年キリスト教徒によって奪還され,11世紀にアラゴン王国の最初の首都となった。 11世紀の大聖堂,16世紀の城塞などが現存する。農産物の交易がおもな経済活動で,サラゴサからフランスのポーへの鉄道が通じる。人口1万 624 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハカ【Jaca】

スペイン,アラゴン地方ウエスカ県にある都市。人口約1万2000。アラゴン川に近く,スペインとフランスを結ぶピレネー山脈縦断路の入口に位置する。1035年に成立したアラゴン王国の最初の首都で,11世紀の半ばに建てられた聖堂は,スペインで最初のロマネスク様式といわれる。サンチアゴへの巡礼路も当地を通過している。当地の駐屯部隊の将校が共和制を求めたハカの蜂起(1930年12月)は失敗したが,共和制を支持する世論の火に油を注ぐ結果となり,第二共和国(1931‐39)成立の契機となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

知恵蔵miniの解説

ハカ

ニュージーランドの先住民族マオリが戦いの前に行っていた伝統的な踊り。手を叩き、足を踏み鳴らして叫ぶことから、英語でウォークライ(鬨の声)とも呼ばれる。相手を威嚇し、自らを鼓舞するこの舞は、戦士たちの士気を高め、体を備えるのに重要な役目を果たしていた。現在ではニュージーランドの一般的な民族舞踊となっており、歓迎式典、結婚式、葬儀などで披露される。また、ラグビーニュージーランド代表(オールブラックス)が試合前に踊ることでも知られている。

(2013-7-17)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

世界大百科事典内のハカの言及

【アラゴン】より

…地方経済にとってエブロ川は重要であるが,水資源の利用をめぐってカタルニャとの間に係争が絶えない。アラゴンの起源は,ウェスカ山岳地帯のハカの住民が8世紀にイスラム勢力を撃退したときに生まれたアラゴン伯領である。1035年ラミロ1世はハカに遷都し王国を築いた。…

※「ハカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハカの関連情報