コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハクガン Chen caerulescens; snow goose

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハクガン
Chen caerulescens; snow goose

カモ目カモ科。全長 70cm。全身白色で,の先端の長い羽のみ黒く,と脚は桃色である。北アメリカの極北部,ロシアのチュクチ海東シベリア海の間にあるウランゲリ島およびグリーンランドで繁殖する。日本では江戸時代まで普通に越冬していたが,20世紀の初めには越冬に渡来する鳥がほとんどいなくなった。しかし,近年になって復元計画の成果により,冬季にほかのガンコハクチョウの群れに混じって少数が渡来するようになった。越冬中はおもに大きな湖沼にすみ,植物質の餌を食べる。(→ガンカモ類渡り鳥

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハクガン
はくがん / 白雁
snow goose
[学]Anser caerulescens

鳥綱カモ目カモ科の鳥。カナダの北極海諸島で繁殖し東海岸に渡る大形亜種と、シベリア側のウランゲル島で繁殖し、カリフォルニア内陸、ミシシッピ川沿いにメキシコ湾沿岸に渡る小形亜種がある。かつて日本にも多く渡来したというが、明治時代ごろからすでに少なく、ウランゲル島のものと思われる1、2羽が迷ってくるにすぎない。密集営巣性で巣縄張りは23平方メートルほどにすぎず、ウランゲル島では1960年に10万もの巣が密集していた。越冬地のミシシッピ川下流でも雪のように密集して大群をなし、1955~74年の20年間の調査で平均1300万羽が数えられた。全長約70センチメートル。全身白色で初列風切(かざきり)のみ黒色、嘴(くちばし)と足はピンクがかった暗赤色をしている。頭頸(とうけい)部のみ白い青色型、および中間羽色の変異がある。
 小形の別種ヒメハクガンA. rossiがハクガンとは独立した繁殖地に個体群を維持し、カリフォルニアに渡る。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ハクガンの関連キーワードガン(雁)黒田長久

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハクガンの関連情報