コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハコベ Stellaria media; chickweed

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハコベ
Stellaria media; chickweed

ナデシコ科の軟らかい二年草で,ハコベラまたはアサシラゲの古名がある。路傍や田畑にごく普通にみられる雑草である。ひげ根状の細い根を多数出す。茎は下部で多くの枝を出して,地上をはい,上部は斜めに立上がって,1側に縦に軟らかい毛が並んで生える。下部の葉は卵形全縁で短柄があり,上部の葉は無柄で,ともに対生する。春に,枝の上部に集散花序をなして,白色5~6mmの小花を次々に咲かせる。花弁は5枚であるが,先端が深く2裂するので 10枚あるようにみえる。開花後次第に花柄が曲り,下を向くようになる。果実は卵形の 蒴果。春の七草の1つ。本種の変種であるコハコベ S. media var. minorは全体に小型で緑色が濃い。またウシハコベ S. aquaticaは全体に大型で茎が赤みを帯びる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハコベ

ナデシコ科の一〜二年草。日本全土,ほぼ全世界に分布し,平地にはえる。茎は分枝して生し,高さ20cm内外,卵形の柔らかい葉を対生する。春〜秋,枝先に白色で径約5mmの5弁花を多数開く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハコベ
はこべ
[学]Stellaria neglecta Weihe

ナデシコ科の越年草。春の七草の一つ。茎が緑色なのでミドリハコベともいう。茎は柔らかく地表をはい、先は斜め上に伸びる。葉は卵形で長さ1~2センチメートル、先はとがる。春から夏、茎頂に小花をまばらに開く。花弁は白色、深く2裂する。種子には、ややとがった微小突起がある。道端や田畑、荒れ地に普通に生え、日本全土、およびアジア、アフリカ、ヨーロッパの温帯を中心に広く分布する。これによく似たコハコベS. media (L.) Villarsは、茎は赤褐色を帯び、葉はやや小さく、種子の突起は顕著でない。道端や田畑に普通に生え、日本全土、および温帯を中心に全世界に分布する。普通はミドリハコベとコハコベを区別せずにハコベとよび、小鳥の餌(えさ)や春の七草の一つとして親しまれる。
 ハコベ属は、北半球の温帯を中心に約100種知られる。[三木栄二]

文化史

平安時代から食用の記録が残り、『倭名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』には野菜(当時は文字どおりの野の菜)の一つとして、波久倍良(はくべら)の名が載る。鎌倉後期の『年中行事秘抄』には、宮中で用いる七種菜(ななくさのな)(はこべら)の名があがる。ハコベは異名や方言が多いが、ハコベの名は『下学集(かがくしゅう)』(1444)に初見する。江戸時代には種子を播(ま)いて育てたことが『百姓伝記』にみえ、はこべ汁(『料理物語』)などにして食べられた。また、干して粉にしたのを塩と混ぜたハコベ塩を歯みがきに使う習俗もあり、現在も歯茎の出血を防ぐ目的で使われることがある。
 ハコベの語源には諸説あるが、はびこる→はこびる→はこべら→はこべの変化が考えられる。同様の生態をとらえた、はいずる→へえずるの派出とみられるへずる、ひずる系の方言が西日本に多い。[湯浅浩史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ハコベの関連キーワードノミノフスマ(蚤の衾)ワチガイソウ(輪違草)ヤマトグサ(大和草)ミミナグサ(耳菜草)マルガタゴミムシヤンバルハコベミズハコベ放射相称花ツルハコベウシハコベルリハコベナデシコ科アオハコベ匍匐植物帰化植物有限花序人里植物岐散花序日出草繁縷塩

ハコベの関連情報