ハトムギ(鳩麦)(読み)ハトムギ

世界大百科事典 第2版の解説

ハトムギ【ハトムギ(鳩麦) Coix lacryma‐jobi L.var.mayuen (Roman.) Stapf.】

イネ科の一年草。茎葉は粗剛で,ジュズダマに草姿がよく似ていて,変種とされる。しかし穀粒の殻が指で押せば割れる程度にうすく,ジュズダマのような硬いホウロウ質にならない点で異なる。東南アジアが栽培の発祥地で,中国へは後漢の時代に今のベトナム地方から伝えられた。日本へは中国から渡来し,7~8世紀に記録があるが,栽培が始まったのは享保年間(1716‐36)以降である。もっぱら薬用植物として栽培された。湿地でもよく生育するので最近は水田転作作物として,食用,飼料用の栽培も注目されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハトムギ(鳩麦)の言及

【ジュズダマ】より

…また根は民間薬として神経痛などに有効という。果実にはデンプンや脂肪があって食用にできないことはないが,食用作物や飼料となるものはジュズダマの栽培変種のハトムギである。【小山 鉄夫】。…

※「ハトムギ(鳩麦)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android