コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリントン ハリントン Harington, Sir John

6件 の用語解説(ハリントンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハリントン
ハリントン
Harington, Sir John

[生]1561. ケルストン
[没]1612.11.20. ケルストン
イギリスの宮廷人,著作家。エリザベス1世名づけ親となった。ケンブリッジ大学に学ぶ。『エイジャクスの変身』 The Metamorphosis of Ajax (1596) を含む一連の時代風刺的作品によって,女王の勘気をこうむった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ハリントン
ハリントン
Harrington (Harington), James

[生]1611.1.7. ノーサンプトンシャー,アップトン
[没]1677.9.11. ウェストミンスター
イギリスの政治思想家。オックスフォード大学に学んだのち,ヨーロッパ大陸に渡り,ベネチアの共和制にひかれた。清教徒革命においては,共和制を支持しつつも積極的な役割は果さず,国王チャールズ1世の友人として行動した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ハリントン

17世紀英国の政治思想家。主著は《オセアナ共和国》。チャールズ1世に仕えた。政治のあり方は,経済によって規定されることを明確に認識し,その認識の上に立って,絶対主義政治を否定し,抽選と交替制による国民から選挙された二院制からなる立法部にこそ主権があると主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ハリントン【James Harrington】

1611‐77
イギリスの政治思想家。《オシアナ共和国》(1656)の著者。オックスフォード大学卒業後,大陸へ留学し,ベネチアで〈共和主義と恋におちた〉といわれる。ピューリタン革命中は中立的な態度をとっていたが,国王が死刑となって共和制が樹立されると活発な著作活動を始め,ロータクラブというサークルをつくって共和主義思想の宣伝に努めた。王政復古(1660)後逮捕され失意のうちに死去。《オシアナ共和国》は一種のユートピア物語であるが,その思想的特徴は次の3点にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ハリントン【James Harrington】

1611~1677) イギリスの政治思想家。ユートピア物語「オシアナ共和国」において国家形態と土地所有の関係を考察し、土地所有の均衡を基礎とした共和国を構想した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ハリントン
はりんとん
James Harrington
(1611―1677)

イギリスの政治思想家。ノーサンプトンの貴族の家系に生まれる。オックスフォード大学で教育を受けたのち、大陸を周遊、帰国後は研究に没頭した。心情的には共和政に共感していたものの、チャールズ1世の個人的友人であったため、ピューリタン革命では積極的な役割を果たさず国王に随行していた。国王処刑(1649)後の1656年、彼は『オセアナ共和国』Commonwealth of Oceanaを執筆し、憲法制定議会をもち、秘密投票制、役職の交替制など特異な制度をもつ国家を構想した。この著作は当時こそまったく注目されなかったが、政治制度は経済構造によって決定されるという見解にたっており、のちに革命に関するもっとも鋭い同時代の分析として注目されるに至る。ハリントンクロムウェルの死後も、自らつくった小さな政治サークル「ロータ・クラブ」Rota Clubを通じて共和制の夢を追い続けたが、王政復古によって捕らえられ、狂気に陥り、1677年、そのまま没した。(書籍版 1988年)[小泉 徹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のハリントンの言及

【ユートピア】より

…知識の獲得,人知の向上はユートピアの必須条件とされているかのようだ。J.ハリントン《オシアナ共和国》(1656),シラノ・ド・ベルジュラック《別世界または月世界諸国諸帝国》(1657),G.deフォアニ《南の未知の国》(1676)などの例をあげられるが,いずれも構想の奇抜さにもかかわらず,内容的にはひじょうに現実的である。 これにたいして第2の形式は,キリスト教的色彩の強いものである。…

※「ハリントン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ハリントンの関連キーワードグーチマエストゥマフェキングモア自由民権論イギリス巻災異説徳治思想石田雄《オシアナ共和国》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハリントンの関連情報