コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハリール・マトラーン Khalīl Maṭrān

世界大百科事典 第2版の解説

ハリール・マトラーン【Khalīl Maṭrān】

1872‐1949
アラブの詩人。〈双国の詩人〉という尊称をもつが,それはレバノンで生まれ,人生の大半をカイロで暮らしそこで没したからである。オスマントルコの圧政を逃れて渡仏,その後エジプトに渡りそこにとどまった。彼の詩にはフランス文化の影響がみられ,シャウキーハーフィズ・イブラーヒームの詩に比較して,詩の形式からより解放されていて,物語詩の試みも行った。《オセロー》を翻訳し,ジョルジュ・アブヤド劇団によって上演された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハリール・マトラーンの関連キーワード師範学校丸紅(株)申報イタリア映画日中関係文化勲章吉田茂内閣早稲田文学富岡製糸場竹本長十郎

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone