コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

必須アミノ酸 ひっすアミノさんessential amino acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

必須アミノ酸
ひっすアミノさん
essential amino acid

不可欠アミノ酸ともいう。他のアミノ酸から体内において生合成できないか,合成速度が極度に遅くて必要を満たせないアミノ酸をいい,動物の種によって多少異なる。成人ではロイシンイソロイシンバリントレオニンリジンメチオニンフェニルアラニントリプトファンの8種。幼児ではほかにヒスチジンアルギニンが加わる。必須アミノ酸は栄養として摂取する必要があり,これらの含有量蛋白質栄養価の目安となる。これらを含まない蛋白質ばかりの偏食は,障害を生じることがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひっす‐アミノさん【必須アミノ酸】

動物の成長や生命維持に必要であるが、体内で合成されないため、食物から摂取しなければならないアミノ酸。人間の場合、成人ではリシン(リジン)・トリプトファンイソロイシンロイシンメチオニンフェニルアラニントレオニンスレオニン)・バリンの8種。幼児では、合成の少ないヒスチジンも必須アミノ酸に加えられる。不可欠アミノ酸

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

必須アミノ酸【ひっすアミノさん】

不可欠アミノ酸とも。動物が自分の体内では合成できず,食物として摂取しなければならないアミノ酸。動物によって異なり,人間の場合成人ではロイシン,イソロイシン,バリン,スレオニン,リジン,メチオニン,フェニルアラニン,トリプトファンの8種で,幼児の場合はこれにヒスチジンが加わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

必須アミノ酸

 不可欠アミノ酸ともいう.タンパク質合成に使われるアミノ酸で,体内で合成できないため食事から摂取する必要のあるアミノ酸.ヒトではロイシン,イソロイシン,リシン,トレオニン,トリプトファン,バリン,ヒスチジン,メチオニン,フェニルアラニンの9種類.チロシンはフェニルアラニンからのみ合成され,シスチンはメチオニンからのみ合成されるので必須アミノ酸に準じて扱われることがある.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひっすアミノさん【必須アミノ酸 essential amino acid】

不可欠アミノ酸ともいう。アミノ酸のうち動物の体内では合成ができないか,きわめて合成しにくく,外から食物として取り入れなければならないアミノ酸をいう。独立栄養生物である植物や細菌類では,みずから必要なアミノ酸のすべてを生合成できる。ネズミの詳しい成長実験では,次の10種の必須アミノ酸が確認されている。バリン,ロイシン,イソロイシン,トレオニン,フェニルアラニン,トリプトファン,メチオニン,リシン,ヒスチジン,アルギニンである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひっすアミノさん【必須アミノ酸】

動物が生命を保つために必要なアミノ酸のうち、体内で合成されにくいため、外界から食物として摂取しなければならないものの総称。その種類は動物によって異なり、人間の場合、成人では八種が知られる。不可欠アミノ酸。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

必須アミノ酸
ひっすあみのさん

食品タンパク質の構成アミノ酸は約20種あり、そのうち栄養上とくに重要なアミノ酸を必須アミノ酸、または不可欠アミノ酸とよぶ。必須アミノ酸はどの1種が欠けても、発育、成長、体の維持に影響し、成長を停止したり、窒素平衡をマイナスにする。必須アミノ酸は体内でまったく合成されないか、合成されても非常にわずかであるため、食事からかならず摂取しなければならないアミノ酸である。
 必須アミノ酸はイソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、トリプトファン、バリン、ヒスチジンの9種である。またシスチンはメチオニンの一部を、チロシンはフェニルアラニンの一部を代替できるので、メチオニン+シスチン、フェニルアラニン+チロシンの合計量を計算する。食品タンパク質の栄養価は必須アミノ酸の量によって決まってくる。必要量に対してもっとも不足する必須アミノ酸を第一制限アミノ酸とよび、二番目に不足するアミノ酸を第二制限アミノ酸とよぶ。リジン、メチオニン、トリプトファン、トレオニンの4種の必須アミノ酸が制限アミノ酸になることが多い。
 必須アミノ酸以外のアミノ酸を非必須アミノ酸とよぶ。非必須アミノ酸は体内で合成されるので、かならず食事からとらなければならないものではないが、必須アミノ酸のみの場合より非必須アミノ酸を加えたほうが成長もよいので、不必要なアミノ酸という意味ではない。アルギニン、グルタミン酸などがその代表である。[宮崎基嘉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の必須アミノ酸の言及

【アミノ酸】より

…ヒトはタンパク質を構成するアミノ酸20種のうち10種(Arg,Ile,Trp,Thr,Val,His,Phe,Met,Lys,Leu)を十分量合成できず,食物として摂取しなければならない。これを必須アミノ酸(不可欠アミノ酸)という。高等植物は20種のアミノ酸全部を合成でき,微生物は種により合成能力がまちまちである。…

【栄養】より

…このような栄養型を独立栄養(無機栄養,自栄養)という。これに対して動物の多くはきわめて限られた合成能力しかもたず,エネルギー源として炭水化物,脂肪,タンパク質などの高分子化合物を必要とするうえに,体を構成するタンパク質の材料である20余種のアミノ酸のうちの約10種(必須アミノ酸),補酵素などの構成成分として必要なビタミン類,不飽和脂肪酸なども要求し,それらのものを食物として摂食する必要がある。このような栄養型を従属栄養(有機栄養,異栄養)という。…

※「必須アミノ酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

必須アミノ酸の関連キーワードフェレットディナー・プロ必須キリン アミノサプリ必須アミノ酸パターンアミノ酸バランス易動性タンパク質必須アミノ酸指数プロテインスコア第一制限アミノ酸アミノ酸必要量タンパク質の質半必須アミノ酸ケミカルスコアアミノバリュータンパク質価白子(生物)アミノ酸欠乏特殊栄養食品グルタミン古武弥四郎

必須アミノ酸の関連情報