コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハロゲン ハロゲンhalogen

翻訳|halogen

5件 の用語解説(ハロゲンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハロゲン
ハロゲン
halogen

周期表第 17族に属するフッ素,塩素,臭素,ヨウ素,アスタチンの5元素の総称。ギリシア語のハロス (塩) ,ゲンナオー (造る) の2語が結合してできた語。代表的な非金属元素で,同位体数は少い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ハロゲン

 周期律表17族(旧VIIb族)の元素.すなわちフッ素,塩素,臭素,ヨウ素,アスタチン.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハロゲン【halogen】

周期表周期表第VIIB族に属するフッ素F,塩素Cl,臭素Br,ヨウ素IおよびアスタチンAtの5元素の総称。陽性の強い金属元素と典型的な塩類(イオン性化合物)をつくりやすいことから,ギリシア語のháls(塩)とgennáō(つくる)を合わせてつくられた語である。天然における存在量は塩素>フッ素>臭素>ヨウ素の順で,アスタチンは放射性元素なのでごく微量しか存在しない。性質は,無色・気体のフッ素から,黄緑色・気体の塩素,赤褐色・液体の臭素,黒紫色・固体のヨウ素を経て,金属性を帯びたアスタチンへと,きわめて系統的に変化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ハロゲン【halogen】

周期表 17 族のうちフッ素・塩素・臭素・ヨウ素・アスタチンの五元素の総称。最も典型的な非金属元素で、一価の陰イオンになりやすい。単体は酸化力があり、水素と激しく反応してハロゲン化水素をつくる。また有機化合物の水素と置換してハロゲン化物をつくる。生物体には必須の元素であるが、多量では有害。ハロゲン族元素。ハロゲン元素。造塩元素。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ハロゲンの関連情報