コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハロゲン halogen

翻訳|halogen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハロゲン
halogen

周期表第 17族に属するフッ素,塩素,臭素ヨウ素アスタチンの5元素の総称。ギリシア語のハロス (塩) ,ゲンナオー (造る) の2語が結合してできた語。代表的な非金属元素で,同位体数は少い。1価の陰イオンをつくる。単体は常温でフッ素,塩素は気体,臭素は液体,ヨウ素は固体の二原子分子。アスタチンは放射性元素。臭素,ヨウ素はきわめて揮発性が強く,化合物にも揮発性のものが多い。化学的には最も強い陰性を示し,単体の反応性は非常に高い。いずれも生体毒性が大。ハロゲンを含む化合物はハロゲン化物と呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

ハロゲン

 周期律表17族(旧VIIb族)の元素.すなわちフッ素,塩素,臭素,ヨウ素,アスタチン.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハロゲン【halogen】

周期表周期表第VIIB族に属するフッ素F,塩素Cl,臭素Br,ヨウ素IおよびアスタチンAtの5元素の総称。陽性の強い金属元素と典型的な塩類(イオン性化合物)をつくりやすいことから,ギリシア語のháls(塩)とgennáō(つくる)を合わせてつくられた語である。天然における存在量は塩素>フッ素>臭素>ヨウ素の順で,アスタチンは放射性元素なのでごく微量しか存在しない。性質は,無色・気体のフッ素から,黄緑色・気体の塩素,赤褐色・液体の臭素,黒紫色・固体のヨウ素を経て,金属性を帯びたアスタチンへと,きわめて系統的に変化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ハロゲン【halogen】

周期表 17 族のうちフッ素・塩素・臭素・ヨウ素・アスタチンの五元素の総称。最も典型的な非金属元素で、一価の陰イオンになりやすい。単体は酸化力があり、水素と激しく反応してハロゲン化水素をつくる。また有機化合物の水素と置換してハロゲン化物をつくる。生物体には必須の元素であるが、多量では有害。ハロゲン族元素。ハロゲン元素。造塩元素。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ハロゲンの関連キーワードヘル=フォルハルト=ゼリンスキー反応ウュルツ=フィティヒ反応バイルシュタイン反応メタルハライドランプマルコフニコフの法則ザンドマイヤー反応有機ハロゲン化合物ザントマイヤー反応グリニヤール反応有機ハロゲン化物グリニャール試薬トリハロメタン酸ハロゲン化物ハロゲン化水素ジアゾニウム塩メタルハライドハロゲン電球求核脱離反応ビュッデ効果ハロゲン化銀

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハロゲンの関連情報