ハンド・アックス(読み)ハンドアックス

百科事典マイペディア「ハンド・アックス」の解説

ハンド・アックス

握斧とも。前期旧石器時代の石器の一つ。石材を手に握れる大きさに打ち欠き,一端をとがらせたもの。切る,掘るなど,万能道具として使用されたと考えられる。→旧石器
→関連項目アシュール文化アブビル文化上高森遺跡全谷里遺跡

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android