コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオミメティックス バイオミメティックス biomimetics

3件 の用語解説(バイオミメティックスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バイオミメティックス
バイオミメティックス
biomimetics

生体模倣技術と訳される。生体の機能をまねて,利用しようという技術。人間の機能が模倣される場合が多い。広義には,人間の開発してきた技術の多くがこれにあたるが,今日では,先端技術を応用する分野に限定して使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

バイオミメティックス【biomimetics】

生物体、特にヒトのもつさまざまな優れた機能を模倣し、人工的に再現する技術。人工臓器やバイオセンサー・ニューロコンピューターなど。生体模倣技術。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイオミメティックス
ばいおみめてぃっくす
biomimetics

生物のもつ優れた機能を人工的に再現する科学技術。「生物(生体)模倣技術」と訳され、有力な未来技術と考えられている。生存競争のなかで生物が獲得してきた巧妙な仕組みを、工学的に応用する試みを意味する。とくに分子レベルで人工的に生物機能を設計して、合成する技術をさす場合もある。生物学、医学、薬学、工学などの境界領域の学問であり、異なった分野の研究者の協力が欠かせないとされている。
 レオナルド・ダ・ビンチが鳥の飛ぶようすから飛行の概念を発想したとされるように、生物のもつ特性を工学的に応用する試みは古くから続けられてきた。
 1950年代後半には、分子レベルで生体機能を模倣する概念がアメリカで提唱され、研究が活発になった。1987年には、アメリカの化学者ペダーセン、クラムとフランスの化学者レーンの3人が生体機能を模した環状高分子化合物の研究に貢献したとして、ノーベル化学賞を授与された。バイオミメティックスの実用化の例として古くはカイコの吐き出す絹糸を模した人工繊維ナイロンの開発や、サメの皮膚構造をまねた競泳用水着の開発などが知られている。最近では人工酵素、人工臓器、医療用材料などに実用化例がある。植物の光合成を再現する人工光合成、味細胞の働きを模倣した味覚センサーなどのセンサー開発、分子を使って演算するバイオコンピュータなどの研究も進んでいる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バイオミメティックスの関連キーワード生体学バイオミメティクス生体模倣科学生体模倣技術生物模倣技術生物模倣生体異物生理学的反応生体模倣有機化学生体工学 (biomechanics)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイオミメティックスの関連情報