コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイルシュタイン バイルシュタイン Friedrich Konrad Beilstein

2件 の用語解説(バイルシュタインの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

バイルシュタイン(Friedrich Konrad Beilstein)

[1838~1906]ロシアの化学者。有機化合物の叢書をなす「有機化学便覧」を最初に編集。ニトロトルエンの合成、ハロゲン検出法のバイルシュタイン法の発明などの業績もある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイルシュタイン
ばいるしゅたいん
Фёдор Фёдорович Бейльштейн Fyodor Fyodorovich Beyl'shteyn
(1838―1906)

ロシアの化学者。サンクト・ペテルブルグドイツロシア人の家庭に生まれる。ハイデルベルクミュンヘンゲッティンゲン、パリと各地を遊学し、1866年、ペテルブルグ工科大学の教授職を得るとともに帰国。1881年ロシア科学アカデミーの会員に選ばれる。バイルシュタインの主たる業績は、有機化合物の分類・体系化にあるが、とりわけ、彼の編集した『有機化学便覧』Handbuch der organischen Chemie(1880~1882)は現在まで、有機化学研究者にとって必須(ひっす)の知識を提供する最良の情報源の一つとなっている。また、ハロゲン検出法のバイルシュタイン反応を考案するなどの業績も残した。[井山弘幸]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バイルシュタインの関連キーワードフェロシアン化カリウムベルツェリウスリューリクロシア正教会小ロシアルシャトリエロシュミットオロシャグメリン労農ロシア

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バイルシュタインの関連情報