コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バショウ(芭蕉)(読み)バショウ(英語表記)Musa basjoo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バショウ(芭蕉)
バショウ
Musa basjoo

バショウ科の宿根草。中国原産で,日本では中部以南の暖地観葉植物として普通にみられる。根茎は大きく塊状になり,次代の根茎を側生させる。根茎の上に重なり合った葉鞘から成る偽茎が直立し,高さ 5m内外となる。葉面は広い長楕円形で 2mほどになり,茎頂で四方に開く。鮮緑色の葉面は,中脈が太く隆起して多数支脈平行して走り,破れやすい。夏に,茎頂を突き抜けて太い柱状の花茎が立ち,一方に傾いて多数の花の穂をつける。花は黄白色で唇状。上唇は外花被3片,内花被2片が合し,上部だけが5つに分れる。下唇は卵形で,袋の中に蜜腺がある。まれに小さなバナナに似た果実がなることがある。奄美群島などではこの葉鞘の繊維を衣料に用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

バショウ(芭蕉)【バショウ】

中国原産といわれるバショウ科の大型多年草。関東以南の暖地に観葉植物として広く栽培されている。高さ4mに達し,根茎は大型塊状。葉は大きく広楕円形で,基部の鞘は互いに抱き合い茎のようになる。夏,葉心から花穂を出し,大きな包葉の内部に15個内外の花をつけ,先のほうに雄花,基部に雌花を開く。花冠は黄白色で,先が唇形(しんけい)。果実はバナナ状となるが,食べられない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バショウ【バショウ(芭蕉) Japanese banana】

単子葉植物バショウ科の大形多年草(イラスト,イラスト)。日本の暖地に広く栽植される。根茎は塊状をなして地下にあり,それから多数の葉鞘(ようしよう)がまき重なって,一見すると茎のように見える偽茎を直立させる。大きなものでは高さ4mになり,頂部から長さ2m,幅50cm以上にもなる潤大な葉を四方に広げる。葉身は中肋から出る葉脈が多数,平行に走り,裂けやすい。夏から秋に偽茎の上端から苞葉につつまれた花茎を抽出する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android