コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バショウ(芭蕉) バショウ Musa basjoo

3件 の用語解説(バショウ(芭蕉)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バショウ(芭蕉)
バショウ
Musa basjoo

バショウ科の宿根草。中国原産で,日本では中部以南の暖地で観葉植物として普通にみられる。根茎は大きく塊状になり,次代の根茎を側生させる。根茎の上に重なり合った葉鞘から成る偽茎が直立し,高さ 5m内外となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バショウ(芭蕉)【バショウ】

中国原産といわれるバショウ科の大型多年草。関東以南の暖地に観葉植物として広く栽培されている。高さ4mに達し,根茎は大型塊状。葉は大きく広楕円形で,基部の鞘は互いに抱き合い茎のようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バショウ【バショウ(芭蕉) Japanese banana】

単子葉植物バショウ科の大形多年草(イラスト,イラスト)。日本の暖地に広く栽植される。根茎は塊状をなして地下にあり,それから多数の葉鞘(ようしよう)がまき重なって,一見すると茎のように見える偽茎を直立させる。大きなものでは高さ4mになり,頂部から長さ2m,幅50cm以上にもなる潤大な葉を四方に広げる。葉身は中肋から出る葉脈が多数,平行に走り,裂けやすい。夏から秋に偽茎の上端から苞葉につつまれた花茎を抽出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バショウ(芭蕉)の関連キーワード単子葉植物ラン(蘭)蘿藦彼岸花姫芭蕉弁慶草網状脈田代芋単子葉類ヤシ(椰子)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone