コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バジーレ Gianbattista Basile

世界大百科事典 第2版の解説

バジーレ【Gianbattista Basile】

1575ころ‐1632
イタリアの詩人,民話作家。ナポリに生まれ,幼少から詩才を現して,イタリア各地を放浪した。長じて生活のためにベネチア共和国の軍人(1604‐07)となり,クレタ島の防衛に加わったり,ナポリやカラブリア地方で軍務(1608‐12)に就いたりした。歌手として名をあげた妹の推挙で,1612‐13年マントバのゴンザーガ家に仕え,宮廷人としても著名であった。個別に発表していたマリーノ風の技巧的な詩編をまとめて《作品集》(1613)を刊行したが,それよりも晩年にジャン・アレッシオ・アッバットゥーティスの筆名でナポリ方言を用いてつづった詩編《ナポリの美神》(1635)や,同じくナポリ方言で書いた《物語のなかの物語,すなわち幼い者たちの楽しみの場》(1634‐36)のほうが,民衆文学,方言学,社会史などの側面から,重要な文献となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バジーレ
ばじーれ
Giambattista Basile
(1575ころ―1632)

イタリアの詩人、民話作家。ナポリの比較的貧しい家庭に生まれたが、幼少のころから詩才を現し、文人として、また武人として、イタリア各地の宮廷に仕えた。ベネチア共和国の軍務について(1604~07)、クレタ島の防衛に加わったこともある。マントバのゴンザーガGonzaga家宮廷に仕えた(1612~13)ころに、技巧の勝ったマニエリスモ風の詩編をまとめて『作品集』(1613)を刊行した。そのほか田園詩『アレトゥーザ』(1619)、散文に『ベンボとデッラ・ヤーサの作品をめぐる論考』(1618)などもあるが、故郷ナポリの方言を駆使した詩編『ナポリの美神』(1635)、および民話集『ペンタメロン』(1634~36)が没後に刊行されて、民衆作家もしくは民衆の視点から宮廷文化に拮抗(きっこう)する文学を生み出した作家として、バジーレの名を不朽のものにしている。ただし、それもジャン・アレッシオ・アッバトゥーティスGian Alesio Abbatutisというペンネームで発表されたものではあったが。[河島英昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バジーレの関連キーワード眠れる森の美女(ペローの童話)サンタイサベル山ストラパローラ河島英昭

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バジーレの関連情報