コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バソリス batholith

翻訳|batholith

百科事典マイペディアの解説

バソリス

底盤とも。大規模な花コウ岩貫入岩体。表面積100km2以上のものをバソリスと呼び,それより小さいものを岩株(不規則形),ボス(円形)と区別することもある。
→関連項目深成岩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

バソリス【batholith】

深成火成岩の産状の一つ。露出面積が約100km2以上の岩体をいう。一般には広義の花コウ岩類がこのような大岩体を形成する。地下に広く潜在する花コウ岩体の一部が地表に露出してバソリスを構成するものと考えられている。バソリス規模の花コウ岩質岩体は,多時期・多起源の複合岩体であることが多い。バソリスは環太平洋地域で代表される大洋収れん型の造山帯や衝突型の造山帯におもに産出する。【石原 舜三】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バソリス

底盤」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バソリス
ばそりす
batholith

地表面積100平方キロメートル以上の比較的大きな岩体。底盤ともいう。縦200キロメートル、横80キロメートルの巨大なものも知られている。底部の形はよくわかっていない。中粒ないし粗粒の花崗(かこう)岩、花崗閃緑(かこうせんりょく)岩、石英閃緑岩が多い。大きな岩体では周辺の堆積(たいせき)岩に移化する場合、内部に堆積岩状の組織が残っていたり、変成岩に類似していたりすることもあって、火成作用のほか、変成作用や交代作用および岩体の再溶融などの成因が推定されるものもある。[矢島敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のバソリスの言及

【深成作用】より

…たとえば北アメリカのシエラ・ネバダ山脈には,幅100km,延長数百kmという大規模な岩体がある。そのような岩体は,かつては,地下深部へ根をはった底なしの岩体であると考えられ,バソリスと呼ばれた。しかし,調査・研究が進むにつれ,バソリスにはいくつもの貫入時期の異なる岩体の複合したものもあることがわかってきた。…

※「バソリス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バソリスの関連キーワード花コウ(崗)岩化作用コルディレラ型花崗岩セン緑岩(閃緑岩)ルーフペンダントララミー造山運動ボス(貫入岩体)コルディエラ山系周深成変成作用アノーソサイト造山型花崗岩接触変成作用広域変成帯接触変成帯広域噴火半深成岩火成岩体交代作用岩株

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android