コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バチャン[島] Pulau Bacan(Batjan)

世界大百科事典 第2版の解説

バチャン[島]【Pulau Bacan(Batjan)】

インドネシア東部,モルッカ諸島に属する島。パティンティ海峡を隔ててハルマヘラ島南半島に接する。面積2200km2,人口約2万。火山性の島で南部のシブラ山(標高2111m)が最高点。海岸線はハルマヘラ島に似て複雑である。かつてはチョウジの産地として知られ,1609年オランダが占拠した。主邑は西岸の地峡部にあるラブハ。住民はスーラ・バチャン系部族で,海岸でヤシ,サゴヤシを栽培したり,密林に覆われた内部でダマール樹脂を採取する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android