コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バリ(英語表記)Bari

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バリ
Bari

イタリア南部,プーリア州州都。バリ県の県都でもある港湾都市アドリア海にのぞみ,ナポリから道路で東北東約 300kmに位置する。古くはギリシア人植民都市で,ローマによる支配後も地中海東部地域との連絡上の重要な港をなし,9~10世紀にはビザンチン文化の一中心地。 1071年にノルマン人により占領され,城壁や大聖堂などが建設された。巡礼の聖地で,十字軍の出航地としても知られる。現在は食品,繊維,機械,石油化学などの工業が立地。旧市街は現在も城壁で囲まれ,11~12世紀建設のサン・ニコラ大聖堂や 13~16世紀の城などがある。人口 32万475(2011推計)。

バリ
Vali

北欧神話の神。オーディンと女巨人リンドの息子で「西の広間」で生れた。アリとも呼ばれる勇敢な神。バルドルが,盲目の兄弟ヘズルの投げた槍で殺されたときには,まだ生れたばかりだったが,手を洗い髪をすく前にヘズルを殺し,バルドルの仇を討った。ラグナレクのあとまで生残って,新世界を支配する運命をになう神々の一人であるとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

バリ【burr】

工作物の加工過程で、はみ出た余分な材料。 「鋳-」 〔平仮名で「ばり」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のバリの言及

【アイゴ】より

… 刺身,煮つけ,塩焼き,みそ汁のほか,沖縄では油いためにする。徳島で皿ネブリというように美味として珍重する地方もあるが,皮と腹中が小便臭いといわれ,熊本でショウベンウオ,静岡,和歌山,瀬戸内,九州北部にかけてバリ,バリタレ,アイノバリ,アイノマリ,エエバリなどという。雑食性だが海藻を好み,海藻の食べ方で味が異なるようである。…

※「バリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バリの関連情報