バレエ・リュッス・ド・モンテ・カルロ(読み)バレエリュッスドモンテカルロ

百科事典マイペディア の解説

バレエ・リュッス・ド・モンテ・カルロ

ディアギレフの死とともに解散した〈バレエ・リュッス〉の後を継いで結成されたバレエ団。元ロシア大佐のC.ド・バジール〔1888-1951〕とモンテ・カルロ歌劇場支配人のR.ブルム〔1878-1942〕によって1932年に発足。〈バレエ・リュッス〉の演目のほか,マシンらの新作バレエを上演した。しかし運営面での問題からブルムが去り,1938年からはマシンが主宰。ド・バジールも分かれて〈オリジナル・バレエ・リュッス〉を設立した。→コープランドダニロワ
→関連項目ドラティニジンスカ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android