コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バロー[岬] バロー

2件 の用語解説(バロー[岬]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

バロー[岬]【バロー】

ポイント・バローPoint Barrowとも。米国アラスカ州の北端,北極海に突出する岬。北緯71°25′,西経156°20′。1826年F.W.ビーチーが到達。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バロー[岬]【Point Barrow】

アメリカ合衆国アラスカ州北端部の岬。北極海に面する全長6.5kmの砂嘴で,合衆国最北端の岬(北緯71゜25′,西経156゜20′)である。1826年イギリス海軍のフレデリック・ビーチーが到達し,探検隊の後援者であったジョン・バローにちなんで命名された。極地研究所がある。南西15kmには合衆国最北端の町バローがあり,エスキモー人口が多く,気象観測所やラジオ局をもつ。年平均気温は-12℃と厳寒で,ツンドラ植生が卓越する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バロー[岬]の関連キーワードアラバマアングロアメリカ北アメリカアメリカン合衆国ネバダネブラスカ亜米利加アメリカ連合国アラスカン・クリー・カイ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone