コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バンケン バンケン Centropus; coucals

2件 の用語解説(バンケンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バンケン
バンケン
Centropus; coucals

カッコウ目カッコウ科バンケン属の鳥の総称。約 28種からなる。全長 30~80cm。体は雄より雌の方が大きい。羽色は一般に黒ないし褐色を主色とし,尾は長く,と脚は強い。趾(あしゆび)が前後に 2本ずつ向けられる対趾足である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バンケン
ばんけん / 蛮鵑
coucal

鳥綱ホトトギス目ホトトギス科バンケン属に含まれる鳥の総称。この属Centropusの仲間には27種がある。全長30~75センチメートル、ホトトギス科のなかでは大形で、全体に褐色や黒のじみな羽色をしているものが多い。体形は同じ科のカッコウやホトトギスに似ているが、足はより太くて頑丈である。アフリカ、アジア、オーストラリアなどに分布し、サバンナの草やぶや沼沢地などにすんでいる。おもに地上で採食し、大形昆虫、トカゲ、カエルなどをとって食べる。托卵(たくらん)性の種はなく、草の中や地上に大きな球形の巣をつくって繁殖する。1腹卵数は3~5個、抱卵は雌雄ともに行う。いくつかの種では、第1卵目から抱卵が開始されるので、孵化(ふか)が不ぞろいになる。[樋口広芳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バンケンの関連キーワードカッコウムシ各校かっこ郭公かっこ好いかっこ悪い背格好べっかっこう歌うよカッコウかっこう

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バンケンの関連情報