コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バーサ バーサ Bhāsa

7件 の用語解説(バーサの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

バーサ
バーサ
Bhāsa

古代インドの劇作家。3世紀頃在世。『スバプナバーサバダッター (夢のバーサバダッター) 』 Svapnavāsavadattāなど 13種のサンスクリット劇の作家と伝えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

バーサ
バーサ
Vaasa

フィンランド南西部,バーサ県の県都。ボスニア湾中部にある港湾都市。市民の約半分はスウェーデン語を話す。港は木材・木工製品の積出しのほか,スウェーデン行きの定期船が出ている。主要産業は,製材,メリヤス類,綿織物,製粉,パン,精糖,石鹸,自動車製造などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

バーサ

3世紀ころのインドのサンスクリット劇作家,詩人。伝記不詳。カーリダーサがその名を挙げるなど,名のみ知られていたが,1913年に彼の作と推定される13種の戯曲が南インドで発見された。

バーサ

フィンランド西部,ボスニア湾岸の港湾都市。金属,機械などの工業が行われ,木材を輸出。スウェーデンとの間に定期航路を通じる。1852年の大火で約6km離れた現在地に移転。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

バーサ【Vaasa】

フィンランド中西部,ボスニア湾に面した海港都市。人口5万3900(1981)。スウェーデン語を母語とする者が29.2%(1970)いる。この地方の中心だったムスタサーリの町を,スウェーデン王カール9世が1611年自分の王家の名であるバーサに改名させた。年8.5mmという急速な隆起で港が浅くなり困っていたところ,1852年大火があり,それがきっかけで約6km離れた現在地に移転した。大火の経験から,広い並木道が縦横に走っている。

バーサ【Bhāsa】

古代インドのサンスクリット劇作家,詩人。生没年不詳。伝記,年代ともに不明であるが,劇作家としての名声は早くから文壇に知られ,詩聖カーリダーサ(4~5世紀)が先輩としてバーサの名を挙げていることなどから,3世紀ころの作家と推定される。バーサの作品はその名声にもかかわらず久しくわれわれの前に示されなかったが,1910年南インドのトラバンコールにおいて,彼の作品と推定される13種の戯曲が発見された。これらの戯曲が同一作家の作品であることは推測できるが,しかも一つとしてその中にバーサの作であることを記していない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

バーサ【Bhāsa】

三世紀頃のインドの劇作家。サンスクリット古典劇の開拓者。代表作「スバプナバーサバダッター」。生没年未詳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のバーサの言及

【インド演劇】より


[主要作家と作品]
 現存のサンスクリット戯曲中最古のものは,中央アジアから発掘されたアシュバゴーシャの2種の仏教劇断片である。劇作家バーサ(3世紀ころ)の名は古くから知られていたが,その作品と推測される13種の戯曲は1910年に南インドで発見された。バーサに次ぐ劇作家はシュードラカ(4世紀)で,彼の作に帰せられる《ムリッチャカティカー(土の小車)》は,社会劇として古典劇中特異の地位を占めている。…

【インド文学】より

…仏伝に取材した《ブッダチャリタ》(漢訳《仏所行賛》)はその代表作で,数世紀にわたる古典文学隆昌の先駆をなしたが,20世紀初めに中央アジアから彼の仏教劇の断片が発見されたことは,古典劇最古の実例を示すものとして文学史上注目に値する。劇作家バーサ(3世紀ころ)の名は古くからうたわれていたが,彼の作と認定される13種の戯曲は1910年にいたって南インドで発見された。その中の《チャールダッタ》は4幕までの未完成作品であるが,この劇を発展補足させた10幕の戯曲《ムリッチャカティカーMṛcchakaṭikā(土の小車)》はシュードラカの作に帰せられ,初期の古典劇中特異な社会劇として高く評価されている。…

※「バーサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

バーサの関連キーワードインド演劇カルハナコールブルックサンスクリット劇サンスクリット語ジャヤデーババーナパーニニモニエル・ウィリアムズヤショーバルマン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バーサの関連情報