バーナード(読み)ばーなーど(英語表記)Luther Lee Bernard

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バーナード(Luther Lee Bernard)
ばーなーど
Luther Lee Bernard
(1881―1951)

アメリカの社会学者、社会心理学者。ケンタッキー州に生まれ、ミズーリ大学で学ぶ。そこで巡り会ったエルウッドの勧めでシカゴ大学へ移り、1910年、同大学から社会学の学位を受ける。ウェスタン・リザーブ、フロリダ、ミズーリ、ミネソタなどの大学で教壇に立ち、さらにセントルイスのワシントン大学(1929~1946)、ペンシルベニア州立カレッジでも教職につく。アメリカ社会学会の会長にも就任(1932)。心理学的社会学とよばれるバーナードのパースペクティブ(視野)の独自性は、環境へのアプローチ、自然的環境と文化的環境に対する適応的行動、共同的適応という視点、生態学の視点、ワトソンらとは異なる行動主義の立場などにある。社会の進歩、精神、態度、社会統制、社会問題など広範にわたる考察があるが、アメリカの社会学教育や社会学史などにも造詣(ぞうけい)が深い。著書に『本能』(1924)、『社会心理学入門』(1926)、『社会学入門』(1942)、妻ジェシーJessie Bernard(1903―1986)との共著『アメリカ社会学の起源』(1943)などがある。[山岸 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

バーナードの関連情報