コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パリ・オペラ座バレエ団 パリオペラざバレエだんParis Opéra Ballet

世界大百科事典 第2版の解説

パリオペラざバレエだん【パリ・オペラ座バレエ団 Paris Opéra Ballet】

パリのオペラ座所属のバレエ団。1661年王立舞踊アカデミーとしてルイ14世により設立され,71年王立音楽アカデミーと合体した。世界で最も古いバレエ団。その初期にボーシャンPierre Beauchamp(1636‐1705)が専任の舞踊教師および振付者として活躍し,ダンス・クラシックの揺籃の場とした。その後,ペクールLouis Pécourt(1653‐1729),さらにデュプレLouis Dupré(1697‐1774)らが舞踊の技術と様式を発展させてきたが,1720年代にはそれまで優位を占めてきた男性舞踊家に伍して,カマルゴおよびサレMarie Sallé(1707‐56)の女性舞踊手が人気を競った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パリ・オペラ座バレエ団の関連キーワードボーシャン(Pierre Beauchamp)デュポン(Patrick Dupond)ミリアム ウルド・ブラームブリジット ルフェーヴルスヴェトラーナ ルンキナイヴェット ショヴィレレティシア ピュジョルウィリアム クリスティバンジャマン ペッシュエリザベット プラテルドミニク カルフーニアニエス ルテステュパトリック デュポンマリ・アニエス ジロジョゼ マルティネズニコラ ル・リッシュモニク ルディエールクレールマリ オスタクロード ベッシーローラン イレール

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パリ・オペラ座バレエ団の関連情報