コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒガラ ヒガラPeriparus ater; coal tit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒガラ
Periparus ater; coal tit

スズメ目シジュウカラ科。全長 11cm。背面は灰青色で頭部と喉が黒く,頭上には短い冠羽(→羽冠)がある。頬と後頸中央は白い。腹面は白色で,に 2本の白帯がある。ユーラシア大陸の温帯寒帯に広く分布し,針葉樹林針広混交林にすむ。日本では北海道から鹿児島県の屋久島までの山地帯から亜高山帯で繁殖し,冬季には標高の低い場所にも移動して越冬する。冬季にエナガキクイタダキシジュウカラなどといっしょに群れをつくって,枝から枝へ移りながら餌をあさる。「つぴんつぴん」と早口にさえずる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒガラ

シジュウカラ科の鳥。翼長6cm。色彩はシジュウカラに似るが,背は青灰色。小さな冠羽がある。ユーラシア大陸中部に分布し,日本では留鳥として全国の山地の林に分布繁殖する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒガラ
ひがら / 日雀
coal tit
[学]Parus ater

鳥綱スズメ目シジュウカラ科の鳥。全長10センチメートルの小形種で、背面は灰青色、腹面は淡黄色、頭部は黒く頬(ほお)に白い大紋がある。黒い冠羽をもち、ときどき逆立てる。ユーラシアとアフリカ北部に分布する。日本では九州以北に生息し、山岳地帯の針葉樹林に多いが、落葉広葉樹林にもいる。冬は低地の松林、杉林などに降りてくる。樹木の枝先や葉の部分で虫を探して食べるが、秋や冬には果実、種子も食べ、松の豊作時には大集合をつくる。また、種子の貯蔵が知られている。繁殖期には強い縄張り性を示し、つがいで樹洞、巣箱に巣をつくる。[中村登流]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒガラの関連キーワードイカル旧相模川橋脚塔原塔跡三ツ塚廃寺跡キヌバリ狭骨盤アカヤマタケ(赤山茸)クレー射撃コチドリシマリス

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone