ヒジュラ(英語表記)Hijra

  • 〈アラビア〉Hijra

翻訳|Hijra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヘジラともいい,一般にはイスラムの預言者ムハンマドと彼の教友たちの 622年のメジナへの移住をいう。ムハンマドは生れ故郷メッカで伝道活動に従事していたが,保護者アブー・ターリブの死で迫害が一層きびしくなったため,メッカ以外の地に移住することを考えていた。その頃内戦の調停者を求めていたメジナはムハンマドを調停者として迎えることに決め,ムハンマドの教友七十余名の移住が実現した。ヒジュラ後,ムハンマドはメジナ社会をイスラム教徒の社会として統合し,メッカをはじめ近隣のアラブやユダヤ教徒を征服してイスラム教団国家を建設した。イスラムの発展の契機となったのはこのヒジュラであったため,のちにヒジュラの年をイスラム暦紀元とした。このイスラム暦をヒジュラ暦ともいう。ムハンマドとともに移住した人々はムハージルーンと呼ばれ,一種の名誉ある称号となった。ムハンマドのヒジュラ後にメジナに移住することや,のちの大征服時代に各地の軍事都市 (→ミスル ) に移住することもヒジュラといった。またその後ムハンマドのヒジュラにちなんだ人間集団の移住もしばしばみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

〈移住〉を意味するアラビア語。単に居住場所を変わることではなく,従来の人間関係を断ち切って新たな人間関係の中に移ることをいう。日本では,ヘジラ,聖遷などとも呼ばれる。一般には,622年の預言者ムハンマドのメッカからメディナへの移住と,その前後の教友(サハーバ)たちの移住を指す。このヒジュラをコーランではメディナ社会に移ったとはいわず,神の道に移住したと表現する。メッカでのイスラムの発展は絶望とみたムハンマドと教友が,メッカの非信徒である親子,兄弟,親族,知人,友人などとのすべての縁を断ち切り,彼らと戦う決意をしたのがヒジュラであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イスラム教の預言者ムハンマド(マホメット)が信徒とともに622年メッカからメディナに「遷行・移住」したことをさす。イスラム暦(ヒジュラ暦)はこの年を紀元元年とする。預言者がメッカで迫害を受けたことから、ヒジュラはしばしば「逃亡・逃避」と訳されるが、それは誤りである。Hijraの動詞形hajaraは、本来、「だれだれとの交わりを断つ」との主体的意味をもっていた。ヒジュラは単なる受身の逃亡ではなく、メッカに見切りをつけ、新天地を求めてのメディナへの「移住」であった。事実、イスラム教の教えによれば、長い人類史のなかで神からの使信がメディナにおいて初めて共同体(歴史)のなかに正しく根づくことができたのである。ヒジュラの行われた年がのちにヒジュラ暦の起点とされたのは、そのような意義を認めてのことである。

[中村廣治郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(hijra) 西暦六二二年九月二二日にマホメットがメッカからメジナに移住したこと。また、この年をイスラム暦の元年とするため、イスラム紀元の意。聖遷。ヘジラ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

622年,イスラームの開祖ムハンマドと信者が,メッカからメディナ(ヤスリブ)へ遷住したこと
「聖遷」とも訳す。ムハンマドは迫害の激しいメッカでのイスラームの発展は不可能であると考え,非信徒とのすべての縁を断ち,戦う決意をした。これを契機にウンマをつくり,態勢をたてなおしてイスラームの基礎を固めた。なお,のちに第2代正統カリフであるウマル1世の時代に,ヒジュラをイスラーム暦(ヒジュラ暦)の元年と定めた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のヒジュラの言及

【ムハージルーン】より

…〈移住者〉を意味するアラビア語。従来の血縁・地縁から離れ神の道にヒジュラ(移住)を行った人々をいう。622年の預言者ムハンマドのヒジュラ前後にメッカからメディナに移住した70余名の成年男子とその家族が最初のムハージルーンである。…

【ムハンマド】より

…彼は移住から死までの11年余りの期間に,メディナを中心とする教団国家を建設した。移住(ヒジュラ)は国家建設の契機となった重大事という認識が,後にこの年を紀元とするヒジュラ暦を成立させた。 メディナにはユダヤ教徒とアラブがいた。…

※「ヒジュラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android