コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒマワリ(向日葵) ヒマワリHelianthus annuus; sunflower

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒマワリ(向日葵)
ヒマワリ
Helianthus annuus; sunflower

日回りとも書く。キク科の大型の一年草で,ヒグルマ,ニチリンソウともいう。北アメリカ原産で,日本には約 300年前に伝えられた。茎は直立して 2m以上にもなり,上部で分枝し,葉とともに短剛毛でおおわれる。葉は互生し大型で長い柄があり,葉身は長さ 20~40cmの心臓形で縁にあらい鋸歯がある。晩夏に,茎と枝の先端に大きな頭状花を横向きにつける。頭状花の周辺部には鮮黄色の舌状花が並び,中央部には褐色の管状花が密集する。頭状花の直径は大きなものでは 20~40cmにもなり,数百の管状花がある。結実するのは管状花だけで,長さ 1cmほどの倒卵形の痩果になる。この痩果は食用とされ,またしぼった油はサンフラワーオイルとして食用油,石鹸,塗料の原料とされる。アルゼンチン,チリなどでは大規模に栽培されている。普通は頭状花の外周部に1列だけ舌状花の並ぶ「一重咲き」であるが,観賞用には舌状花が数列に並ぶ,いわゆる「八重咲き」もあり,舌状花が紫黒色のものもある。ヒマワリの仲間は主として北アメリカに自生し,同属の植物ではヒメヒマワリ H. debilis,コヒマワリ H. multiflorusなどが日本でも観賞用に植えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒマワリ(向日葵)【ヒマワリ】

北米原産のキク科の一年草。長柄のあるハート形の大きな葉を互生し,高さ2〜3mになった茎の上部に,盛夏,花径10〜30cmの大型の頭花をつける。舌状花は黄色,中心部の筒状花は黄または紫褐色。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android