コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメムカシヨモギ

百科事典マイペディアの解説

ヒメムカシヨモギ

キク科の一〜二年草。北米原産で明治初期に渡来した帰化植物路傍荒地にふつうにはえる。全体に粗毛があり,茎は直立して,高さ0.5〜1.5m,披針形の葉を互生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメムカシヨモギ【horseweed】

北アメリカ原産のキク科一年草ないし越年草(イラスト)。明治の初期に渡来した帰化植物で,明治草(めいじそう),御維新草(ごいつしんぐさ)とも呼ばれ,鉄道の線路沿いに分布を広げたところから鉄道草(てつどうぐさ)とも呼ばれた。茎は直立し,高さ1~2m,葉とともに粗毛がある。茎葉は細長い披針形で,密に互生する。葉柄の両縁に開出した毛が生える。花期は8~10月。茎の上部で多数分枝し,大型の円錐花序に多数の小さな頭花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメムカシヨモギ
ひめむかしよもぎ / 姫昔蓬
[学]Erigeron canadensis L.

キク科の一年草または越年草。茎は直立し、高さ1~2メートル、全草に粗い毛が多い。8~10月、円錐(えんすい)花序をつくり、径3ミリメートルの小さな頭花を多数つける。舌状花は小さいが、白色でやや目だつ。名は、小さな個体では全草がムカシヨモギに似るが、頭花がより小さいことに由来する。北アメリカ原産の帰化植物で、ヨーロッパには17世紀末に入り、日本には明治初年ころ渡来し、現在では世界に広く分布している。別名メイジソウ(明治草)、ゴイッシングサ(御一新草)というが、これは渡来した時期に由来する。またテツドウグサ(鉄道草)の名もあるが、これは鉄道に沿って生え広がったことに由来する。
 よく似た種にアレチノギクやオオアレチノギクがあるが、これらでは舌状花はまったく発達しない。いずれも帰化植物であるが、ヒメムカシヨモギとは系統が異なる。草丈が低く、舌状花の顕著なムカシヨモギにより近い。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒメムカシヨモギの関連キーワードテツドウグサメイジソウ豊年草

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android