コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメムカシヨモギ

3件 の用語解説(ヒメムカシヨモギの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ヒメムカシヨモギ

キク科の一〜二年草。北米原産で明治初期に渡来した帰化植物。路傍や荒地にふつうにはえる。全体に粗毛があり,茎は直立して,高さ0.5〜1.5m,披針形の葉を互生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメムカシヨモギ【horseweed】

北アメリカ原産のキク科の一年草ないし越年草(イラスト)。明治の初期に渡来した帰化植物で,明治草(めいじそう),御維新草(ごいつしんぐさ)とも呼ばれ,鉄道の線路沿いに分布を広げたところから鉄道草(てつどうぐさ)とも呼ばれた。茎は直立し,高さ1~2m,葉とともに粗毛がある。茎葉は細長い披針形で,密に互生する。葉柄の両縁に開出した毛が生える。花期は8~10月。茎の上部で多数分枝し,大型の円錐花序に多数の小さな頭花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメムカシヨモギ
ひめむかしよもぎ / 姫昔蓬
[学]Erigeron canadensis L.

キク科の一年草または越年草。茎は直立し、高さ1~2メートル、全草に粗い毛が多い。8~10月、円錐(えんすい)花序をつくり、径3ミリメートルの小さな頭花を多数つける。舌状花は小さいが、白色でやや目だつ。名は、小さな個体では全草がムカシヨモギに似るが、頭花がより小さいことに由来する。北アメリカ原産の帰化植物で、ヨーロッパには17世紀末に入り、日本には明治初年ころ渡来し、現在では世界に広く分布している。別名メイジソウ(明治草)、ゴイッシングサ(御一新草)というが、これは渡来した時期に由来する。またテツドウグサ(鉄道草)の名もあるが、これは鉄道に沿って生え広がったことに由来する。
 よく似た種にアレチノギクやオオアレチノギクがあるが、これらでは舌状花はまったく発達しない。いずれも帰化植物であるが、ヒメムカシヨモギとは系統が異なる。草丈が低く、舌状花の顕著なムカシヨモギにより近い。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒメムカシヨモギの関連キーワードアゲラタムガザニアアメリカ杉アメリカ篠懸の木アメリカ防風錦鶏菊天人菊大豚草姫向日葵フレンチマリーゴールド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone